中国式産み分けとは?カレンダー表ってなに? – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

中国式産み分けとは?カレンダー表ってなに?

中国式産の産み分けとは?

約700年前に中国の科学者が王宮での男女の出生記録を統計的にまとめたとされる

カレンダーのような表をもとに、産まれてくる赤ちゃんの性別を判断できるというものです。

 

中国式産み分けカレンダーの信憑性は?

ママの妊娠した時の数え年と妊娠した月(受胎月)を照らし合わせて赤ちゃんの性別を導き出します。

このカレンダーは今から約700年前のものなので、

正確な判定を得るためには当時の暦や年齢の数え方から導き出す必要があります。

受胎月は当時の暦である太陰太陽暦(旧暦)で、年齢は数え年で見ます。

受胎した時の数え年と受胎月を照らし合わせて子供の性別を予想するものです。

 

 

数え年の数え方

数え年は生まれた年を1歳とし、以降は1月1日に1歳年をとるという考え方です。

そのため年が変わり、誕生日がくるまでは満年齢に2歳加え、

誕生日以降は満年齢に1歳加えると自身の数え年を算出することができます。

 

産み分けカレンダーの成功率

今でも中国の医師は参考にしているといわれており、性別の産み分けを考えている方の間では有名で、

世界中で利用されているようです。

インターネットで色々なサイトを見ると

「中国人は約99%、アジア人は約90%、アメリカ人は約85%の確率で当たる」

という情報が記載されていますが、情報の出典元や統計データは見当たりません。

中国式産み分けカレンダーは「産み分け占い」とも呼ばれており、

過去の統計に基づいているため、当然100%的中するものではありません!!

子供の性別を当てる楽しみ方の一つとするにはよいでしょう。

 

 

100% 信じられれば効果あり、そうでなければ全く効果なし

また、判定方法にこだわっていてもあまり実意味がないのです。

こういった占いを100%確信できるという方にとっては

とても効果が出ることは確かです。

人間の脳にはプラセボ効果があります。

偽薬ですね。

本当に効果のない砂糖でも、病気によく効く薬だと思い込んだ時には実は本当に治ります。

私は信じやすいなという方にはおすすめな産み分け方法となるはずです。

ただ、当たるかもしれないし、当たらないかもしれないという方にとっては

ハッキリ言って全く効果がないのでお勧めできません。

 

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る