妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

ふっかふかの子宮のために布ナプキンにしてはいませんか?

妊娠しないからと、今まで紙ナプキンを使ってきたけれど

布ナプキンに変えて子宮に高分子ポリマーの

経皮毒が蓄積されないように・・・なんて

思っている方はいませんか?

布ナプキンを使うとホルモンバランスが整うとか、

経血が変わるとか、いろいろな情報もあるかもしれません。

ふっかふかの子宮づくりにするために布ナプキンでなくてはならないのでしょうか。

 

紙ナプキンで経皮毒?

まず第一に、経皮毒についてですが、

皮膚を間を浸透できるかなり小さい分子でなければ

体内に吸収され、子宮に蓄積されるという事はまずないでしょう。

また、百歩譲って吸収されたとしても、子宮に蓄積というのもおかしい話です。

薬などもそうですが、

体内で吸収されると、血液にのってめぐり、代謝され、

体内からは排泄されていきます。

だからこそ、飲んだ薬でさえ、ある一定期間でまた次の薬を飲まなくては

その濃度を維持することができません。

 

実際に私は紙ナプキン派です。

もし皮膚に触れているところからそれほど毒が進入していくのであれば、

まずは皮膚に毒が蓄積されるのが普通でしょう。

そのため子宮ではなく会陰部に毒が蓄積でなければおかしい話なはずです。

 

そのイメージの悪さの方が危険

私たちの脳はイメージしたことにそって指令を出すという機能があります。

実際に、レモンを食べるイメージをしただけで、唾液が出てきます。

なので、物事に対してどんなイメージを持つかの方が

大事だといえます。

体に毒がたまっていくイメージを持っていれば、

そのような変化になっていくことでしょう。

それよりは、心地よく生理期間を過ごすためのありがたいアイテムとして

使用すれば、布ナプキンでも、紙ナプキンでもどちらでもよいのではないでしょうか。

また、紙ナプキンは子宮を冷やすという情報が出ていることもありますが、

それも全く根拠がないことでしょう。

紙ナプキンでも吸った経血をいつまでも放置せずに

交換すれはいいだけのことですし、

そうでなくても、子宮がある骨盤内には太い動脈も通っていて

簡単に子宮が冷えるわけがありません。

冷えるというイメージを持つことの方がよくないといえます。

 


タンポンを膣に入れても化学成分は入らないし、体内に蓄積もしません。

“子宮系の病気になる説”に対しても、何度も言いますが「デマ」です。

出典: 宋先生コメント


そんなの全部ウソですよ。

化学物質はコワイなどと、漠然とした恐怖心をあおる「経皮毒(けいひどく)」

という有名なデマが広まっているせい。化学物質が体内に溜まるなんてありえません。

出典: 宋先生コメント


 

 

どちらの女性が授かり妻になると思いますか?

便利なアイテムもあります。心地よく月経期間を過ごし、

月経がある事へ感謝して、女性である喜びを感じながら、

日々過ごすことで、もっともっと子宮はふっかふかになれるのではないでしょうか。

 

いろいろ気にして、ありもしない情報に振り回されて神経質になっているのと、

快適に過ごし、便利なアイテムを使いながら女性として

イキイキとしているのと

どちらの方の子宮がふかふかになっていくでしょうか。

布か紙かで妊娠できるかどうかが決まるわけではありません。

パートナーである夫から女性として求められ、愛されるかの方が重要です。

 

↓↓↓動画から説明しています↓↓↓

 

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

喜びのお声

喜びのお声
no image
妊娠しやすい人になるための改善ポイント

妊娠しやすい人と、妊娠しにくい人つまり不妊で悩む人には それぞれ共通点があります ...

【授かりぐせをつける東京妊活セミナー相談会】残り1枠

2017年今年最後の妊活セミナーは、東京開催です!! お越しいただける方とのご縁 ...

今月もう3人目!自然妊娠カウンセリングでハッピー(祝)妊娠!!

先月、今月は、妊娠ラッシュで喜び報告、おめでた報告が たくさん入ってきています! ...

子どもができない不妊治療!医師から言われた言葉にショック

妊娠できずにいると、生殖医療の力を借りればなんとか 妊娠できるのでは・・・、体外 ...

子どもができない原因を知りたい!なんで妊娠できないの?

赤ちゃんを望んで、妊活をしていても、中々妊娠できなくて・・・ どうして妊娠できな ...

-子供欲しいなら知っておきたい