妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

ウォーキングpng

バランスを整える運動で姿勢よく 自然妊娠しやすいカラダへ

2016/04/03

beautiful asian woman jogging in the park

人間も動物

人も動物なので、カラダをよく動かすと、

体の機能も良くなるようにできています。

「健康で長生きするためには適度な運動をしましょう」といいますよね。

実際に、生活習慣病と呼ばれる病気のほとんどは、

運動不足が原因の一つになっています。

 

運度には思った以上に良い効果がたくさんあります。

そしてそれは、妊娠しやすいカラダ、妊娠を維持していくにも大切な機能を高める効果があります。

 

・抗酸化作用をたかめる

・ホルモンバランスを整える

・筋力の維持向上

・血行促進

・基礎代謝を高める

・細胞の修復力をたかめる

・血糖値を安定させる

 

人類の歴史の過程で猿人類から進化してくる過程で、

カラダを動かす事がDNAに組み込まれているかのようになっています。

人間は、捕食者から逃げ、食物を獲得するため必然的に激しい運動をしていました。

農耕がはじまってからも、日々の移動など、

カラダを使って働き、移動することが当たり前でした。

 

一方で、移動手段に車・電車などもありますし、仕事はデスクワークが 中心といった

カラダを動かす必要がさほどない現代の生活は、

長い歴史を見ても、異常なことといえるのかもしれません。

 

さらに、炭水化物を多くとる食事であったり、

バランスが偏ったり、食事の時間がずれたりする食生活です。

運動不足で筋肉が減少・衰弱、代謝が低下しているのに加えて、

血液中に糖質が多い状態(高血糖の状態を引き起こし、)が増加した結果、

糖化したタンパク質や糖化した脂質が悪さをしてしまいます。

様々な病気や体調不良が起こりやすくなってしまいます。

 

本来、カラダに備わった機能が低下している状態ならば、

「これといった原因が医学的に思い当たらないとしても、妊娠しにくい」という状態が起きてもおかしくは

なくなってきてしまっています。

 

カラダを動かす事は、本来の自然妊娠する力を大いに引き出させてくれます。

【運動が苦手でもおすすめのウォーキング】

 

普段、忙しく生活していると、

中々体を動かす事にまで意識がいかかったり、

疲れていると体を動かす事すら嫌になってきてしまいます。

ただ、妊娠して、元気で健康的な子供を無事出産したい、授かる子供も健康であって欲しいと思うのであれば、

今すぐ始めてほしいのが、「ウォーキング」です。

 

いつでも手軽です

いつでも手軽にはじめられて、自分ののペースで取り組めます。

生体リズムが整い、ホルモン分泌が正常化されます。

また脳からエンドルフィンという快感物質の分泌が促され、

ストレスを発散、気分を爽快にします。

さらに、血行がよくなることで体内の酸素の巡りがよくなり、

疲労を軽減して、老廃物の排泄を促します。

疲れを感じた時ほど、ウォーキングを行うと、疲労感は取れやすくなります。

 

ウォーキングといっても、妊活で効果を出すには、

姿勢・歩幅といった点や、

呼吸法と合わせることと、歩き方にも気を付けると効果は倍増ですね。

 

 

ウォーキングに良い姿勢

頭の上を意図でピンとはられて、

みかんを頭の上にバランスよくのせている感じをイメージして、

あごは軽くひき、視線は、足元ではなく前方15mほどをみることを意識しましょう。

 

背・肩・胸・腕

背筋をのばし、胸をはりります。

肩は左右の高さを揃えて、どちらかが下がらないようにし、

肩の力を抜きリラックスします。腕は90度にまげ、前後にリズムよく振りましょう。

振ることによって歩幅が大きくなり、リズムにのって、スピードも速くなります。

腹、尻

おヘソから指3本4本下にある場所を丹田といいます。

そこに力を入れて、重心を意識しましょう。

体の中心を意識しすることは、姿勢、呼吸ともに大切です。

お尻は引き締めて歩きましょう。

かかとからつま先へ、やわらかくかかとから着地にはいり、

足のうらに体全体の体重をのせて、

親指と親指のつけねのつま先から蹴りだすように地面から足を離しましょう。

足の裏は、人間の体の中で最も敏感に感覚を感じられる場所の一つなので、

体重がどこにかかっているのか常に意識しましょう。

歩幅については、適正歩幅の基準は、身長-100といわれています。

 

血の巡りを良くして妊娠しやすくなりたいあなたへ

体温を上げる自然妊娠にちかづく3つのポイント

 

 

 

 

今まではうまくいかなかったを、これからはうまくいくに変える方法

妊活をしていても、生活の改善をしようとしてもうまくいかない、

中々成果や効果が感じられない事もあるのではないでしょうか。

その場合は、原因はもっと別のところにあったりします。

変わりたいのに変われない 目に見えない 「何か」が働いてしまうものです。

例えば、ダイエットもそうですよね。

痩せたかったら、食べなければいい、運動をいっぱいすればいい。

そうすれば痩せるのに、なぜか、変われない。

食べる事、体を動かすことを変えられないで結果を出せなくなるんですね。

そんな、なぜかうまくいかない、変わりたいのに変われない

本当の原因の部分を打開してきた方法です。

今だけ、無料でレポートをプレゼントしています。

ここでは、どうしても言えない情報を乗せています。

妊娠できるに変わりたいと思われる方は、妊活の参考になさってみてください。

012

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

お問い合わせ

お問い合わせ

喜びのお声

喜びのお声
冷え1png
低温期が長く卵胞が育ちにくく月経周期も不安定 原因と対処法

低温期が長く卵胞が育ちにくく月経周期も不安定で困っています 冷えが原因かと思って ...

0000ae
【妊娠体質をつくる】瞑想のつまずきやすいポイントと解決法

妊娠瞑想は、継続してこそ効果があります。 すぐに、簡単に、ただ飲むだけ、ただ聞く ...

00asoudann41834
妊活のモチベーションが保てません…どうしたらいい?

妊活のモチベーションが保てない… やる気がしない、頑張り続けるのに疲れてしまう… ...

no image
5/13東京妊活セミナー 開催のご案内 席残りわずか!

5/13(土曜日) 東京で妊活セミナーを開催します   日時:5月13 ...

0onaka
流産後にPMSが酷くなりました。どうしたらいい?

流産後に、PMSが酷くなるというかは珍しくありません。 流産といっても、ちょっと ...

0000ae
科学的に証明されている瞑想の効果 妊活×瞑想

瞑想における具体的な効果 瞑想をすることで、 体や、心に変化がおこることが心理学 ...

財布8png
PMSの症状とホルモンバランスについて

女性であれば女性ホルモンの影響をうけて、定期的に月経がおこります。 そして、その ...

焦りpng
子どもをみるとかわいいと思う反面欲しいのにできないどうしたらいい?

旦那さんのことは好き。二人で仲良く過ごせる。 今の旦那さんと2人でも仲良く過ごせ ...

IMG_6366
妊活セミナー後のカウンセリングで体外受精・移植がスムーズに

先日のセミナー後に個別カウンセリングを受けられた方がいらっしゃいます。 セミナー ...

IMG_6366
妊活セミナー参加後の喜びの変化

3/11の妊活セミナーから1週間ほどですが、喜びのお声をいただきました♪ セミナ ...

-運動・エクササイズ