妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

0tennbinn

40代高齢でも自然妊娠できるにするには エストロゲン・プロゲステロンのバランスが大事

30代後半から、40代、高齢でも、

自然妊娠できる体質。

00mages (2)

不妊治療を受けた時に受精卵が育ち、

移植できるようになり、それを子宮に戻して

出産まで維持できる体。

 

これらには、共通していえるのは、

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの

バランスがとれた体が大切という事なんですね。

 

女性ホルモンはバランスこそ大事

0tennbinn

40を過ぎたころから徐々に分泌が減っていく

エストロゲンは、

美人ホルモンともいわれるホルモンで、

分泌は思春期ごろから始まります。

 

 

エストロゲンが分泌されると肌がすべすべになり、

体のラインに丸みが帯びてきて乳腺の発達を促しおっぱいが大きくなります

女性らしさを司るホルモンです。

生殖機能の成長も著しくなり、

卵巣機能の発育や子宮内膜を増殖させるなど、「妊娠するため」の準備を担う

とっても大切なホルモンでもあります。

更年期に入り、月経が止まるとエストロゲンの分泌もなくなってしまいます。

月経周期でいうと、

エストロゲンは整理が終わる頃から排卵日の直前により多く分泌されます。

エストロゲンの分泌量の増える排卵前までは、

肌や髪にハリとツヤを与え、気力が充実してとっても魅力的な期間となります。

ちょうど排卵期に差し掛かるので、

直感的に男性が惹かれるようになっているのかもしれませんね。

 

なので、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が十分でない場合、

妊娠しにくい、妊娠できても妊娠を維持しにくいという事が起きてきますね。

ホルモンを分泌させる「卵巣」がうまく機能していないと

女性ホルモンの分泌もままなりません。

エストロゲンは女性をより女性らしくすると同時に、

しっかりと妊娠をサポートしてくれてる大切なホルモンなんですね。

 

エストロゲンが減ってきたら

02)

エストロゲンの分泌が減ってきたからといって、

エストロゲンを補う薬の服用で治療を行ってきても、

エストロゲン分泌に減少に伴う

症状などは改善されずに副作用もあるため、今では

行われていません。

 

そしてエストロゲンが減ってくると合わせてプロゲステロンの

分泌も低下してきます。

なので、プロゲステロンを補う事で症状が改善したりします。

このことからも、女性ホルモンである

エストロゲンとプロゲステロンはバランスがとても大事だと言えます。

 

卵巣お疲れ気味の方は

焦りpng

ホルモンバランスが乱れる原因には

色々タイプがありますが、

40代から増えてくる卵巣自体がお疲れ気味と

なって引き起こされてくる

ホルモンバランスの崩れには、

ホルモンの素となる栄養をしっかり補い事も

追っても大切な対処法といえます。

 

 

食事でしっかり女性ホルモンのもとを補う

しょくじ3png

いつも心がける食事で

タンパク質・ビタミン・ミネラルをたっぷり補うようにしていきましょう。

 

・タンパク質

肉・魚・卵・大豆 これらを必ずおかずにつけるようたっぷりととる

 

・ビタミンE

女性ホルモンの分泌お助け、血行を促進、細胞の酸化を抑える

アーモンド、ヒマワリ油、いくら、たらこ、ツナオイル、ウナギ、ハマチ、カボチャ、ピーナッツなど

 

・亜鉛

セックスミネラルとも言われ、300種類の酵素に働きかけて、

細胞分裂を活性化させます。

女性だったら卵巣に働きかけると言われています。

 

牡蠣、カニ、油揚げ、納豆、豚レバー、赤身の肉など

 

 

それでも、

不妊で悩んでいる時には、

色々な事に気を付けても、中々効果が出ない事もあります。

本当にこのままで妊娠できるのか不安な方

今までの妊活で成果が出せず焦っているという方、

医学的以外に、

不妊の原因はもっと別のところにあります。

 

妊活を長期化させたくない方、

結果を出せるように変わりたい方、

ママになって赤ちゃんを抱きたい方は

のちのち後悔しないためにも、

妊娠に必要な3つの力についてチェックはしておいてくださいね。

banner_big_49

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

お問い合わせ

お問い合わせ

喜びのお声

喜びのお声
0aa11038001591
排卵期のなかでも最強!38%の妊娠率をだすタイミング方法

妊娠したい、子どもが欲しい、という場合、 卵子と精子が出会うためにはタイミングこ ...

冷え1png
低温期が長く卵胞が育ちにくく月経周期も不安定 原因と対処法

低温期が長く卵胞が育ちにくく月経周期も不安定で困っています 冷えが原因かと思って ...

0000ae
【妊娠体質をつくる】瞑想のつまずきやすいポイントと解決法

妊娠瞑想は、継続してこそ効果があります。 すぐに、簡単に、ただ飲むだけ、ただ聞く ...

00asoudann41834
妊活のモチベーションが保てません…どうしたらいい?

妊活のモチベーションが保てない… やる気がしない、頑張り続けるのに疲れてしまう… ...

no image
5/13東京妊活セミナー 開催のご案内 席残り1枠!

5/13(土曜日) 東京で妊活セミナーを開催します   日時:5月13 ...

0onaka
流産後にPMSが酷くなりました。どうしたらいい?

流産後に、PMSが酷くなるというかは珍しくありません。 流産といっても、ちょっと ...

0000ae
科学的に証明されている瞑想の効果 妊活×瞑想

瞑想における具体的な効果 瞑想をすることで、 体や、心に変化がおこることが心理学 ...

財布8png
PMSの症状とホルモンバランスについて

女性であれば女性ホルモンの影響をうけて、定期的に月経がおこります。 そして、その ...

焦りpng
子どもをみるとかわいいと思う反面欲しいのにできないどうしたらいい?

旦那さんのことは好き。二人で仲良く過ごせる。 今の旦那さんと2人でも仲良く過ごせ ...

IMG_6366
妊活セミナー後のカウンセリングで体外受精・移植がスムーズに

先日のセミナー後に個別カウンセリングを受けられた方がいらっしゃいます。 セミナー ...

-妊娠したい人の食べ物・サプリ・食生活, 妊娠する女性ホルモンバランス乱れ改善