妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

HW050_L

知られていない卵子の老化 妊娠するためには卵子のアンチエイジングが大切

2017/02/24

「産みたいのに産めない。卵子老化の衝撃」

NHKで放送され、大きな反響を生んだ放送です。卵子の老化を止める方法はない。

NHK取材班が取材した医師が口をそろえて無力感を痛感しているとのこと。

卵子が老化した状態では体外受精での妊娠率は非常に低く、

さらに、妊娠できたとしても流産率が非常に高くなるという現実があります。

医学的に卵子のアンチエイジングはできなかったとしても、

妊娠との関係があるのは卵子細胞質の質であることが、ある研究で判明しています。

実際の私のカウンセリング経験からも、40歳以上でも、体外受精では何度行っても

移植にすらたどり着けなかった方が簡単に自然妊娠されていく過程を目の当たりにして

言えることは、年齢がすべてでもなく、頑張って不妊治療を続けることが全てでもないという事。

不妊治療でも行き詰っていたとしたら、卵子の細胞質のアンチエイジングを行っていくことが大切です。

 

 

日本は世界一の不妊治療大国

542-original

卵子の老化による不妊は女性の社会進出が進む先進国共通の課題です。

その中でも特に深刻なのが日本です。

WHO世界保健機関では不妊に悩む夫婦は1億8600万組以上に上ると推計しています。

日本産婦人科学会の統計によると、体外受精の件数は年々倍増していて、

人口では2倍のアメリカをおさえ世界最多です。

 

日本の体外受精の妊娠率は世界最低レベル

11-3-3

しかし、一方で日本の体外受精の成功率は世界最低レベルだというのです。

医療が進歩し、日本の高い技術をもってしても、

治療の成績が非常に成功率が低い理由としては、

体外受精のを行う女性のうち40歳以上の人の割合はおよそ30%を占め、

他の先進国の2倍~4倍となっています。

外国では若い女性から卵子を提供してもらう事が認められていますが、

日本では事実上認められていません。

日本では、成功率が低いと分かっていても自分の卵子を使うしかありません。

そして、日本では治療に年齢の制限を設けいていません。

日本の医師はどんな患者でも断らないという事。

アメリカの学会で日本の事情を説明をすると、40歳以上で治療を延々と繰り返す

のは考えられないとまで言われるのです。

日本のクリニック側で妊娠の成功率を高くしてイメージアップをはかっているとしたら

若い患者さんを診ていた方が病院側のメリットは大きくなるでしょう。

また、高齢で体外受精での妊娠・出産にいたる可能性が低いにもかかわらず、

次々に治療を進めるクリニックもあります。

 

いずれにせよ、成功率がどうでも、確率ではなく、

「自分たちの子供がほしい」その強い思いは全く変わりません。

不妊治療の背景には成功・失敗という言葉だけではかたずけられない

1組1組の重みがあります。

だからこそ、妊娠するため必要なことがあります。それをお伝えします。

 

 

卵子提供から見えてくること

cell1

日本では認められていない卵子提供ですが、卵子提供を受けた場合の

体外受精での妊娠率は40歳くらいは年齢に関係なく妊娠質は30%程度です。

その後45歳くらいになれば一気に低下していきますが、

この卵子提供から見えてくることは、

妊娠に大切なのは、産む側の女性の年齢よりも、卵子の質という事になります。

それでも、あくまで妊娠率であること、出産率に至ればもっと低下することが考えられます。

そうすると、卵子の質を高めること、また受精卵が着床し順調にはぐくむことができる

母体の環境を整えることの大切さがはっきりしてきます。

医学的な力では、この部分はできません。また、現場の医師たちが無力感を感じている部分です。

しかし、大切なその部分こそ、自分で改善できる部分です。

 

妊娠したかったらもう自分には、

不妊治療しかない、体外受精しか残されていないそう追い込んでいませんか?

これにしか期待が持てない。もし不妊治療をやめたら子供を諦めることに

直結してしっまうのではないかという絶望感で、

不妊治療以外の妊娠できるようになるための方法を見失ってしまっていませんか?

 

 

年齢とともに卵子の老化は進みます。

00asoudann41834

ストレスや不規則な生活習慣によって、ますます卵子の老化は進みます。

NHKの取材による大規模アンケート調査によると

卵子の老化が妊娠にこれほどまでに影響するなんて知らなかった・・・。

そう答える方が多く、

医療者側からも、加齢に伴い妊娠が難しくなるという事について

患者の認識が不十分だと感じている割合が80%にのぼります。

そして、「高齢でも、体外受精などの高度治療を受ければ妊娠できると考えている患者が多いか?」

という質問に、医師の82%が多い・とても多いと回答したということです。

 

妊娠には卵子の質が大きく関係します。

体外受精を受ければ妊娠できるということは全くなく、

逆に非常に出産率が低い治療法だという事も知っていてください。

40歳以上では出生率を見れば5%程度、45歳では0.8%とほぼ0に近づきます。

 

では、治療以外に妊娠するためにできることは何もないかというと、

全くそうではありません。

卵子とうい細胞の遺伝子をとりまく細胞質の質を変えることは可能です。

 

そして、それができるのはあなた本人にしかできないことでもあります。

卵子の質を高め、受精卵がしっかり定着できる力をつけていきましょう。

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー
000a121
嬉しいおめでとう!のメッセージが届きました

カウンセリングで関われる方、妊活セミナーに参加いただく方、 どなたも素晴らしい方 ...

0aa_5663998_1
【緊急報告】妊活セミナー参加された方が妊娠されました!!

前回の3月の妊活セミナーに参加された方から、妊娠報告がありました!! 妊活セミナ ...

IMG_6370
5/13東京妊活セミナー 開催のご案内 残り1枠⇒満席に

5/13(土曜日) 東京で妊活セミナーを開催します   日時:5月13 ...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-YOU86_ninpusan-thumb-1000xauto-16106
子どもが欲しいなら知っておきたい妊活情報の付き合い方 

妊活中の方、不妊で悩んでいる方の情報収集は大半がネット情報になるのではないでしょ ...

やるきpng
栄養素はみんな揃ってこそ 妊娠しやすい体とは整った健康的な体のこと

妊娠しやすい体つくりをしていくときに、 卵子だけをよくする食事、子宮だけを整える ...

喜びのお声

喜びのお声

-妊娠するための卵子の質を高める