30代で子作りが成功しないと悩まないための子宮筋腫検査

30代で子作りが成功しないと悩まないための子宮筋腫検査

子宮筋腫は無症状の方もいらっしゃるので定期検診で初めて発覚するケースもあります。
 
性質や大きさによっては流産や不妊の原因となってしまいますので、
 
平均すると最も多いと言われている30代では子作り前にきちんと検査は行っておきましょう。
 

子宮筋腫について

子宮筋腫は成人女性の中で3人に1人はなると言われていて、
 
成人女性であれば誰でもなる可能性がある危険な疾患。
 
女性が良くかかる疾患であっても、良くない疾患である事は目に見えています。
 
なぜ子宮筋腫になってしまうのか、やはり知りたいところですよね。
 
残念な事に明確な原因がはっきり分かっているわけではなく、
 
はっきりとした予防や対策法が今のところはありません。
 
症状が悪化して不妊に悩み辛い思いをしないために、
 
妊活前に病院での検査が大きなポイントとなるのです。
 
 
子宮筋腫は子宮の外側、内側どちらにも発生し、
 
大きさやできる部位により痛みの度合いや症状は異なります。
 
不正出血、ひどい月経痛、便秘、腰痛などの症状が出てきますが、
 
初期症状が出ないから痛みがないから安心というわけではありません。
 
場所、進行速度、大きさ、良性悪性などは一人一人異なりますので、
 
自覚症状がなくても早期発見のために婦人科での定期的な検診を受けるのがベスト。
 
最善な体で赤ちゃんを迎えてあげられるように、
 
ママの体のメンテナンスをしっかりと行っていきましょう。
 

放っておくとどうなるの?

仕事が忙しいから定期検診で病院に通院するのは面倒、
 
毎回進行速度が遅いし行かなくても大丈夫でしょ!
 
という軽い気持ちで考えるのは賢明ではありません。
 
確かに医師が関与する経過観察という治療方法もありますが、
 
放置するという事は全くの別物です。
 
子宮筋腫が大きくなり過ぎてしまうと、
 
足の付け根を圧迫し血の塊ができてしまう危険性があります。
 
血栓は心臓や肺といった臓器に移動してしまい命に危険が及ぶのです。
 
女性の体が危険にさらされるという事は妊娠以前の大問題。
 
厳しいようですが、将来ママとなる体を大切にできないのであれば、
 
赤ちゃんを守れる親になる事はできないでしょう。
 
 
将来妊娠を望む女性の場合、強い要望に応えようとお医者様はできるだけ
 
子宮を残したまま筋腫だけを取り除く手術を行ってくれます。
 
だけど、筋腫が巨大になり過ぎてしまい薬物療法でも
 
筋腫のみの摘出でも困難な場合では子宮全摘手術となってしまいます。
 
これがどういう事かはお分かりになりますよね。
 
放置するという事は自分から妊娠を希望しないという選択をしているのです。
 
将来妊娠を希望する女性は赤ちゃんを授かれないリスクを
 
高めるような選択は絶対にしてはいけません。
 

まとめ

胎内で尊い命を守る、一心同体となれるのは女性だけ。
 
ママは大丈夫であっても、赤ちゃんにとっては
 
生命を左右する大変な事態にもなりかねません。
 
妊娠を希望する事はママになる事。
 
子作りを行う前に乳がん検診や子宮筋腫検査などはきちんと行っていって下さい。
 
もちろん、大黒柱のパパとなる男性も気になる症状があった時は
 
放っておかずに家族を守れる、支えられるように体のメンテナンスは大切ですよ。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい