30代の子作りを成功させる生活リズムの改善がポイント

30代の子作りを成功させる生活リズムの改善がポイント

30代になると仕事をしながら、妊活を進めていくことに悩みを抱えている方が増え、

役職などにもついていると、妊娠へのステップを躊躇してしまう事もあります。

そして、子作りを考えた時には、不妊などに悩む方もいらっしゃいます。

では、妊娠を成功させるカギとなる生活リズムの改善が重要でもあります。

 

子作りを考える生活リズム

 

若くして子供を育てるお母さんの中には、同世代の子が遊んでいたり、

仕事に精を出しているのに、自分は不自由時間を送ってる。

と考える女性も中にはいますが、

若くして子供が生まれてくれて良かった。

などと感じるかは、その人が送ってきた人生の余裕に違いがあると思います。

 

またこのような余裕は、ある程度の社会での生活や、

恋愛など色々な経験をしたことに意味があります。

妊娠をし、不自由な時間があったとしても対応することができる心構えも出来るようになります。

 

十分遊んだし、そろそろ落ち着いてもいいよね。

といった感情も芽生えやすくなります。

ただし子作りは、個人でタイムリミットに制限があるということは、

知っておかなければならないんです。

 

妊娠適齢期がいつがベストといった答えは、

それぞれの生活があるため確かな答えはありませんが、

妊娠しやすい年齢は医学でも発表されています。

 

アンチエイジングとはちがう子作りの身体

 

妊娠適齢期は25歳から35歳ぐらいまでが、妊娠適齢期と言われています。

そのため、パートナーがいる30代の方が焦る気持ちを抱くことになるのも分かります。

お肌などであれば、アンチエイジングが出来ますが、

医学的には卵子は、老化しアンチエイジングすることができません。

 

そのため、卵子の老化が始まる35歳を境に妊娠率は下がってしまいます。

また、自然流産の確率は35歳を境に上昇しますが、

閉経していない40代や50代でも妊娠することは可能です。

 

しかし、女性ホルモンのピークは20~30代のため、

35歳を過ぎてからは妊娠のタイムリミットが開始されたことを忘れてはいけません。

また現在、運動不足や人間関係に関するストレス、

仕事が多忙でプレッシャーがかかると不規則な生活リズムにもなりやすいので、改善策も

考慮する必要があります。

 

ただし、卵子のアンチエイジングは、実は不可能ではありません。

妊娠に結びつく卵子とは、卵子細胞質の質が良いものであることが、

ある研究で判明しています。

そのため、年齢ではなく身体全体の細胞レベルが、

健康状態にあることが重要になってきます。

 

まとめ

 

30代の女性は、仕事にプライベートといった、

自分の為の時間を費やしてきたこともあり、仕事では信頼。

プライベートでは経験を養ってきまいした。

 

子作りはこのような、沢山の経験をしている女性が子作りについて真剣に考えるのであれば、

生活リズムやいつ授かっても良いといった心構えを持っていることも大切ですよ。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい