40代の子作りはイソフラボンではなくエクオールに注目

40代の子作りはイソフラボンではなくエクオールに注目

女性ホルモンをサポートしてくれ、更年期障害の抑制にも期待されているイソフラボンですが、
 
大豆を摂取したけど効果がなかったという声も多くありますよね。
 
エストロゲンが減少し続ける40代の子作りではエクオールについて知っておきましょう。
 

エクオールとは?

女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、イライラ、お肌のトラブル、
 
骨粗しょう症などの体も心もバランスを崩しやすくなってしまいます。
 
そこで注目されているのがエストロゲンと似た働きで心と体をサポートしてくれるエクオール。
 
テレビでもピックアップされるようになり耳にする機会も増えたのではないでしょうか。
 
 
少し前までは大豆イソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすると
 
考えられていましたが、さらなる研究によって大豆イソフラボンが体内にある腸内細菌によって
 
代謝されるエクオールがポイントであるという結果が出ています。
 
 
エクオールは誰でも産生できるというわけではございません。
 
作れる人と作れない人がいるため、大豆を摂取しても効果が実感できる人と
 
できない人と分かれてしまうというわけなのです。
 

エクオールを産生できる?

日本人でエクオールを産生できる菌を持っている人は約2人に1人。
 
数字を見るとなんだか不安になってしまいますよね。
 
そこで気になるのが、エクオールは産生できるのかというところだと思います。
 
少し前まではエクオールは作れるようにならないという考えが多かったのですが、
 
最近では作れるようになったというケースもあるようです。
 
 
しかし、エクオールはまだまだ研究段階のため作れる体作りのための
 
明確な情報がないのでモヤモヤしてしまうのが現状。
 
また、エクオールは作る事ができない体でも、
 
サプリメントで摂取する事が出来きますので安心して下さい。
 
 
サプリを摂取した方の中には頭痛、イライラ、ほてりなど更年期症状の軽減の効果を
 
得た人も多くいて、ホルモン補充療法で懸念される子宮筋腫の上昇などの副作用も
 
見られなかったようです。
 
 
なんだか分からないイライラは妊活での焦りのストレスに加わると
 
心の大きな問題となってしまい、結果不妊体質にどんどんなってしまう危険があります。
 
ホルモン減少により体調がすぐれない、心のバランスがうまく取れないと感じている方は、
 
エクオール摂取について検討してみてはいかがでしょうか。
 

まとめ

エクオールが産生できる人は緑茶をよく飲む、喫煙を行っていない、
 
腸内菌のエサとなる食物繊維を摂取している、大豆食品を頻繁に食べるといった
 
特徴が見られようです。
 
睡眠不足、運動不足などの生活習慣とも相関性があるようですので、
 
エクオール効果をより得るために生活習慣の見直しも大切な事と言えます。
 
自分はエクオールが作れる体なのか知りたいという方は、エクオール検査キッド、
 
ソイチェックの無料体験ができるセミナーやモニターなどありますので、
 
気になる方はチャックしてみて下さい。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい