男性の性欲を高め妊娠確率をたかめるダイエット方法 |

男性の性欲を高め妊娠確率をたかめるダイエット方法

男性メタボダイエット

メタボ体型!これが男性不妊の原因につながっていることをご存知でしょうか?

最近、夫の性欲が減退したりということ、勃起障害や射精障害

といった生殖に関わるトラブルに肥満が原因となっています。

不妊の原因は半数近くが男性にもあり、性欲の減退、生殖機能の低下が悩みを

肥満が引き起こしてしまっているかもしれません。

肥満と性欲・生殖機能の低下との関係、妊娠しやすくしていくためのダイエット方法などを

ご紹介していきます。

 

太る事の妊娠への悪影響

男性の場合も、ぽちゃっりメタボだと、精子を作り出す機能に悪影響がでています。

卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンは、

男性の脂肪組織の中でも作られています。

そのため、男性が太る事で、脂肪細胞からエストロゲンが作られ、

この影響で、性欲が減退する、精子の運動率・数などが劣化するなど、

男性の生殖能力を低下させる報告もされています。

 

 

性欲減退がセックスレスを引き起こす

40代くらいになってくると、性欲は衰えてきやすくなります。

加齢とともに、ホルモンに変化がおきてくるからです。

メタボ体型な方ほど、ほどそれが顕著にでます。

 

そしてこんな問題を抱えやすくなっていきます

・勃起しなくなる

・勃起しても以前のように固くならない

・中折れする

・膣内で射精できない

 

これらの問題が、セックスレスの原因にもなります。

セックスへの自信をなくさせ、セックスしたくない、憂鬱に変わっていきます。

これでは、妊娠からますます悪循環に陥ってしまいます。

 

肥満体型になるメカニズム

肥満になるメカニズムについてみていきましょう。私たち人間は糖質を摂取すると

胃腸で消化・分解されたあと、ブドウ糖として吸収されるようになります。

ブドウ糖は血流に乗って全身へはこばれ、筋肉や脳など活動エネルギーとして使われます。

そうして血糖値が上がるようになります。

血糖値が上がると、体の中では上がった血糖値を下げようと働くホルモンインスリンが

分泌されるようになります。

摂取したエネルギーが全て使われるうちは無駄に蓄積されることはありませんが、

過剰に摂取した場合は、せっせと脂肪細胞になる貯蔵庫に運び入れます。

そのため血糖値が上がるような食事が続き過ぎると、

取り込んだブドウ糖を脂肪に変えてどんどん巨大化していってしまいます。

これが肥満になっていくメカニズムになるわけですね。

 

肥満体型ほど、性欲のもとになる栄養が不足

肥満体型になる原因として、食事で摂取する栄養のバランスが

糖質摂取の割合が多いという点があります。

糖質が多い場合、血糖値が上がりやすくインスリンの分泌が増え、

インスリンによって脂肪細胞が巨大化し肥満になるのですから、

コンビニなどのお弁当、外食も多い、お酒も飲む、3度の食事が不規則で、

野菜やタンパク質の摂取が減りがちな方は糖質は多く、

性欲のもととなるたんぱく質など栄養が不足しがちになります。

精力アップには、体の基本となる「アミノ酸成分」が欠かせなくなります。

具体的には、シトルリン・アルギニン・グルタミン・チロシン・ロイシン・トリプトファンといった

アミノ酸成分で、タンパク質に含まれる成分です。

生殖機能を高めたかったら、糖質過多を減らし、タンパク質をはじめ他の栄養素を

バランスよく摂取できているという点も大事になります。

 

意気込んだダイエットは苦手という方でも

そんな方にもばっちり対応できる

今、注目を集めている病院でも行われるダイエット方法として糖質制限があります。

基本は、糖質過多に偏っている食事を

野菜やタンパク質などを含むおかず類の量を増やしてあげます。

そして主食になる炭水化物の量を減らしていってあげるようにします。

妊娠のため、性欲を高めるため、精子の質を高めるためという

目的を全面的に出してしまうと、

男性はプレッシャーばかり感じてしまうようにもなりますので、

食事からのアプローチは優しく、さりげなく行うようにしてあげましょう。

 

性欲・生殖能力を高めるためにできる事

生殖や生殖能力を高めるためには食事内容に気をつけるという点、

特に糖質が多く、麺類、カレーライス、チャーハン、などをはじめ、

栄養バランスが崩れやすい外食や手軽なお惣菜やお弁当は要注意です。

また、性欲や生殖能力に関わるのは、ストレスや運動不足といった点もあります。

栄養バランスも含め、心のケアや運動にも心がけて、妊娠しやすい体つくりをしていきましょう。

ストレスを抱えているほど、男性も精子の質は劣化しやすく、

実際、不妊妊る確率は高まり妊娠するまでの期間も伸びてしまうようです。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい