男性不妊を解決していくのに不妊治療はどれくらい有効? |

男性不妊を解決していくのに不妊治療はどれくらい有効?

悩む夫婦治療に

妊娠できない原因が男性にあった場合、

不妊治療は妊娠を望むご夫婦にとって1つの選択肢になります。

男性不妊を解決してくれるのにどれくらい不妊治療は有効となるでしょう?

不妊の原因と治療について、妊娠しやすくするために取り組んでおきたいことを

ご紹介いたします。

 

不妊の原因

不妊に至る原因は男性にも、女性にもどちらにもあります。

以前は女性側の問題となる部分に焦点が当てられていましたが、

今は検査をしてみると男性側にも、4割近くは原因があることがわかってきています。

 

主な男性不妊の原因

・乏精子症

・無精子症

・精子無力症

・勃起障害(ED)

・射精障害

 

また男性だけでなく、夫婦とも両方が原因を抱えていることも多いです。

こういった不妊の原因の要因は、カウンセリングをしていると、

不妊に至る背景には双方が問題を抱えていることが殆どです。

 

不妊治療の役割

生殖医療が発展した今では不妊の解決方法に高度生殖医療が

選択肢に選ばれ、また早く授かりたかったら治療へと進んだ方がいいという風潮もあります。

無精子症などでは精巣より精子を手術によって取り出し、顕微授精を行う事で

妊娠に至るケースもあります。

勃起障害や射精障害がある場合は、子宮内に精子を届けることができないため、

妊娠を望む場合、人工授精なども選択肢の1つにはなりえます。

物理的に手術を施すことで、解決できる原因もありますが、

そうでない不妊の原因の方が多く、一般的にはステップアップの治療方針になりやすいです。

タイミング療法そして人工授精、さらには体外受精、顕微授精

ステップアップしていけばいくほど、

妻から、男性に求められるものは「質の良い精子」それを早く、射精してさえくれればいい

そんな流れになっていってしまう事が危険です。

 

性生活は義務的に、とにかくタイミングを合わせたい、セックスでは

射精さえしてくれればいい、治療をするなら協力してほしい

そうなってしまえばしまうほど、

男性がプレッシャーを感じることやストレスを感じることが多くなり、

妻に対して性欲低下、勃起障害、射精障害、を招き、

男性の精子のの質はさらに劣化という悪循環に陥りやすくなります。

 

治療が精子の質に悪影響を与えてしまう部分

男性不妊の原因は男性にあるといっても、

病院で行ってくれること、不妊治療が行ってくれるところは

あくまで精子と卵子の距離を物理的に縮めるところであり、

受精までに物理的に障害がある場合は、治療は有効に働く部分もあります。

でも、精神的に受ける影響は多く生殖にだ打撃は大きくなってしまいます。

家庭内ED、妻だけED、排卵期EDをはじめ、セックスレスといった

問題も発生しやすくなり、性欲減退、精子の質の低下を引き起こしやすくなります。

不妊治療を開始した男性についての調査によると、

 

不妊治療は、旦那さんの分身である細胞の精子を

活性化させてくれるところではないというところをおさえておきましょう。

 

 

 

男性ホルモンに関わるこんな気をつけたい日常

男性の生殖能力に影響を与える男性ホルモンであるテストステロン

このホルモンの分泌が抑制されてしまうような生活を送るのを

控えておくということも精子を元気にしてあげるための1つ。

また分泌させられるようにしてあげるための習慣を取り入れてみるのも手です。

 

バランスの良い食事

男性ホルモンの分泌低下は性機能障害を引き起こすすようになります。

ホルモンの分泌やホルモンの伝達がスムーズにいくようにバランスの良い食事を心がけましょう。

特に、ホルモンの素となり、微量でも必要なビタミンやミネラルが含まれる

タンパク質や野菜や果物などは外食をはじめ手軽なお食事程、バランスよく摂取しにくくなります。

 

パンツはトランクス

睾丸は熱によわく、涼しい環境にするために下着は締め付けるブリーフタイプよりも

トランクスタイプの方が精子の質は高まるようです。

アメリカのハーバード大学の研究では、男性の精子の質と下着との関係について医学誌にて

報告されています。

 

育毛剤の使用に要注意

脱毛症を予防してくれる育毛剤。この育毛剤の中には

男性ホルモンの働きを抑制してしまう成分が入ったものもあります。

病院などで処方されるフェナステリドという成分をふくんだお薬には

副作用があり、EDや精子の質低下につながってしまう可能性があります。

 

赤色のものを身につける

赤という色は、生殖能力の高さや興奮などにもつながる色と

されています。動物のメスは体の一部を赤くすることで

生殖能力の高さをオスにアピールしたりします。

それを見たオスは繁殖行動にでます。

私たち人間も赤を見ると健康的・欲情しやすくなることは

色々な色にまつわる研究結果からも出ていて興味深いところですね。

男性だと赤い車とかスピードなど出る車とかは乗車後にテストステロン値が

高まる事もわかっています。

スポーツのし過ぎは要注意

スポーツをしている男性は健康的でよい面もありますが、

過度な激しいスポーツをしている場合はデメリットになる部分も出てきます。

毎日ジムに通いストイックに体を鍛えるというのは要注意です。

運動に伴い発生する活性酸素は精子を劣化させてしまう原因に。

精子は酸化ストレスに非常に弱いとされています。

睡眠不足、過労、ストレス、などいろいろにさらされているため、

さらに過度に負担がかかる事は避けたいものですね。

 

禁欲生活は精子がますます、元気低迷に・・・

男性は射精回数が多いほど精子は元気になるものです。

泌尿器科的には常識とされていたりすることですが、

産婦人科的にみると、不妊治療の際には性生活の制限をかなり指示されます。

禁欲生活を支持されるため、マスターベーションすら行わなくなって

しまう方もいるでしょう。

禁欲を行っていると精子の数自体は増えるものの、

DNAの損傷率が高い精子が残る形になり、質は劣化してしまいます。

 

ストレスやプレッシャー

妊活中の夫婦のやり取りが、双方にストレスやプレッシャーになったり

しがちです。夫婦のコミュニケーションや性生活でも、

相互にゆとりが持てる妊活にできるようにしていくことが重要になっていきますね。

 

妊活のための禁欲、タイミングの指示によって、

初めはレスでもないのに妊活中のご夫婦はセックスレス傾向になりがちです。

妊娠したいにもかかわらず、妊娠力がどんどん下がってしまう悪循環になりやすくなります。

ストレスやプレッシャーにより、男性は妻に対して、

性欲低下、勃起障害、射精障害に陥りやすくなります。

 

まとめ

受精させれば、その後の着床へとスムーズにすすむわけではありません。

妊娠はもっと神秘的で体の中の複雑なメカニズムの中で成立していきますので、

細胞の質の良さがもとめられます。

体外受精の妊娠率の低さからもうかがえるのは、受精することより

着床の方がしにくいということです。

 

不妊の原因に伴って不妊治療は進めていくのがベストでしょうし、

一番大事なことは旦那さんに精子を提供してもらう事ではなく

夫婦でお互いに思いやり尊重し合う関係性の中で

夫婦の性生活を見直すことは欠かせない部分になってはいくといえます。

 

それがあってはじめて男性の精子の質を高めておいた成果が出てくると言えるでしょう。

 

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい