精子の運動率が10%と低い 妊娠しやすくするためには? |

精子の運動率が10%と低い 妊娠しやすくするためには?

男性側にも不妊の原因があったりもします。

男性不妊の原因の8割を占めるのが造精機能障害です。

精子の運動率が低いという場合は、精子の数も少なかったり形も悪かったりと連動していることが

多く、根底にはよい精子を健康的に作ることができなくなっている問題があります。

精液検査を受けたら、精子の運動率が低かった、10%以下だったという場合、

とてもショックを受ける事でしょう。

運動率が低い場合はどうしたらいいのか見ていきましょう。

 

男性の精子の運動率と不妊について

自然妊娠は、女性側では排卵がある状態であれば妊娠は可能です。ただ、年齢とともに卵子は

劣化するため妊娠確率は低下してしまいます。

妊娠には卵の質やホルモンバランスが整った

ママの体質がとっても大事になってはきます。

また妊娠は女性だけの問題ではなく、男性の精子の質も影響してきます。

男性の精子の運動率は32%以上が自然妊娠可能な範囲と言われています。

 

WHOが2010年に発行した精液所見の基準値は以下の通りです。

あくまでも妊娠ができる正常値とみるのではなく、最低ラインとしてみるようにしてください。

 

■ 精液量:1.5ml以上
■ pH:7.2以上
■ 精子濃度:1500万/ml以上
■ 総精子数:3900万以上
■ 運動率:40%以上
■ 正常形態精子率:4%以上

 

でも、運動率が低いといって妊娠できないという訳ではないせすし、

運動率が40~50%あっても確実に妊娠できるわけでもありません。

精液検査の結果とあわせ、授かる方法は模索できます。

不妊治療体外受精や顕微授精など、自然妊娠以外の方法で妊娠することもできます。

また精液検査の結果はばらつきがあるたけ、あまりにも一喜一憂しすぎない事もたいせつです。

 

精子運動率は年齢とともに低下傾向

1日あたりにつくられる精子数は加齢とともに減少するとされていますが、

精液量も減ってしまうため精子濃度はあまり変わらないとされています。

過去の報告をまとめたものでも、30歳代と比較すると50歳代では精液量は3~22%、

精子運動率は3~37%、精子正常形態率は4~18%低下すると報告されています。

生殖医学学会

 

年齢とともに男性ホルモンの分泌も低下し、放っておいても生殖能力は低下して

いってしまうということなので、できるだけいい状態を保てるように

精子の運動率低下に影響が出る部分は改善しておきたいとことですね。

 

精子の運動率が40%以下は精子無力症

精液検査で前進する精子が40%未満の場合、精子無力症と診断されています。

なにかの理由で精子をつくる機能が低下していると考えられています。

乏精子症と重なっておこることが多いのが特徴で、精子の数と運動率などは

関係して影響をうかていることになります。主な原因としては、

先天的な異常や、前立腺の炎症、精巣の炎症といったものになります。

特に炎症というのは不妊の原因につながっている問題なので気をつけたいキーワードかもしれません。

ストレスなどによっても免疫バランスが崩れるため体の中では炎症がおこりやすくなります。

 

男性側に不妊の原因がある場合

精子の運動率が10~30%くらいでも自然妊娠が可能なのか、妊娠を望まれる方にとっては、

気がかりな点なのではないでしょうか?

 

病気の治療と不妊治療は人工授精を行います。

それでも妊娠しないときは体外受精や顕微授精を視野に入れます。

男性不妊について

 

 

精子濃度が1000万/ml以下の乏精子症の方や精子 運動率10%以下の精子無力症の方には、

人工授精から始めて、妊娠しない場合は体外受精を

精子運動率10%

 

精子の運動率が10%くらいでも、人工授精などで治療がスタートしています。

人工授精での妊娠確率はいくら精子を厳選して処理すると言っても、

妊娠確率は自然妊娠確率よりも劣る治療法です。あくまで自然に近い形の治療方法で

体外受精や顕微授精とは違います。

そのため、ある程度は自然妊娠できる可能性だったある事になります。

 

ポイントなのは、精液は変化するという点です。そのため、できる限りの精子の質を良くしようと

した場合は、生活習慣の改善も大切になります。

慶応大学のグループにおける健康男児の精子による過去30年間2万人に及ぶ大規模な調査では、

10%の精子数が減ってしまっているという報告がされています。

その原因として、活性酸素による精巣胚細胞のダメージであり、細胞がさびてしまっているという事、

血行が悪くなってしまっている事、ホルモンの分泌異常が起きている事、

環境ホルモンなどで抗テストステロン作用が働いてしまっていることが生殖システムに

何らかの影響があると考えられているのです。喫煙は精子数を減少させ、運動率の低下を招くと言われていますし、

アルコール摂取はテストステロンや精子数を減少させるとも言われています。

 

いずれにしても妊娠には生活習慣の改善や代謝の良い食べ物

精子に問題がある場合、まずは日々の生活習慣を改善したり

抗酸化作用のあるサプリメントを服用したりして数や運動率の改善を試みるが、

効果がなければ人工授精、体外受精などに進む。

不妊治療は男性から

 

精子をつくる機能に問題がおこる場合は、生活習慣の乱れ、不規則な生活やストレス

などの影響もとても大きいものです。

造精機能障害は、男性の不妊症の原因の中では多いものとなっていて、精子の数や運動率

などにも影響がでています。まずは、生活習慣の見直しや、抗酸化力を高めるために

ビタミンEなどを摂取したりといった事もおススメです。

睡眠不足は酸化しやすくなってしまうため、睡眠時間は7時間は確保したいところですね。

 

 

代謝がよく、効率よくミトコンドリアでエネルギーを生み出すことが

できると運動率も良くなります。

そのためには、

代謝を活性化させてくれる酵素の力を

男性も女性も生活に取り入れていくと良いでしょう。

 

代謝に関わる酵素

ホルモンと酵素はとっても関係があるのです。

ホルモンをつくるのに、酵素・補酵素・ミネラルが必要です。

酵素不足ではホルモン分泌に悪影響がでて、代謝の低下を引き起こし、

細胞・精子の質の低下を引き起こしてきます。

 

酵素をとって自然妊娠しやすい体質へ

ホルモンのバランスを整えて、妊娠しやすい体質にするために、

酵素をたっぷり含んだ食べ物を食べていきましょう。

代謝が良くなると効率よくエネルギーを生み出せるので

さびにくい、質の良い卵・精子へと変わっていかれます。

 

酵素たっぷりおすすめ野菜7選

レタス、

ニンジン、

セロリ、

キャベツ、

トマト、

きゅうり、

大根

 

効果的な食べ方

酵素は、熱に弱く、少し加熱しただけでも、

破壊されてしまいます。

そのため、生のままサラダなどで食べたり、

ミキサーでジュースにしたり、すりおろして食べるのがおすすめです。

さらに、押さえておきたいポイントとしては、

鮮度もとても大切だということです。

ジュースをまとめて作って数回に分けて飲む事ははおすすめできません。

新鮮な状態で摂ることを心がけていきたいですね。

そして、酵素はビタミン、ミネラルなど一緒におとりいただくと

さらに代謝をあげる効果が高まります。

なので、果物などと合わせた生ジュースがおすすめですね。

・キウイ、

・アボカド

・バナナ

・リンゴ

・パイナップル

他にもパパイヤなど、南国系の果物には酵素がたっぷり含まれていますよ。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい