自然妊娠できない不妊で悩む女性の3つの心の特徴 |

自然妊娠できない不妊で悩む女性の3つの心の特徴

不妊落ち込む女性

自然妊娠を望んで、毎日を楽しみにベビ待ちできていますか?

あなたは、赤ちゃんがやってくるまでの

夫婦二人の期間を楽しめていますか?日々に幸せをかんじられていまうか?

もし、そうでなかったら・・・すでに心の中に3つの心特徴を持っているかも

しれません。チェックしてみましょう。

自然妊娠できない女性がもつ不妊で悩む心の特徴とストレスについてみていきましょう。

 

妊活期間が長いと焦り・不安・ダメだのループに

年齢的な焦りや、

リセット続きで、

また生理・・・

またダメだった・・・

また悲しい・・・

また切ない・・・

いったいいつになったら・・・

 

生理の度に自信を失って、生理の度に悲しくなって

生理の度に不安になってを繰り返して

気づかないうちに不妊の人がなっている3つの心の特徴があります。

 

不妊で悩む女性の心の特徴 不安

不安で不安で仕方がないという心の特徴です。

この心の特徴は、なにかにつけてでてきます。

 

まだ起きてもいない未来のことを考えて不安にさせてしまうのです。

 

もしかしたら、次は妊娠してママになるのかもしれないのに、

どちらかというと、なぜか次もうまくいかないような予感がしたり

妊娠できずに不妊になっていてしまうのでは

ないかとネガティブな事ばかり考えます。

そして一生懸命なあなたを不安だらけにさせ、ストレスいっぱいにさせてしまう心の特徴です。

 

不妊で悩む女性の心の特徴 恐怖

なにかにつけて、臆病になってしまい・挑戦する勇気が出せなくなる特徴です。

今までいろいろ試してきた人ほどあれもやったし、これもやったし、

それでもだめだった・・・。

だから次もうまくいきそうもない、試してみてだめだったらと思うと

怖くて行動できなくなってしまう病気です。

金銭的な事・費用を気にして、やってみたいと思う事が

あっても、挑戦させる勇気を削いで後で後悔させたりします。

 

お金をかけても授からなかったらと思う恐怖心ですが、

潜在意識の世界からみると、そう思うこと自体、既に

自分にはお金をかけても授かる自信がないと言っているのと同じことなのです。

 

そういった考え方・心では不妊からは決して抜け出せはしません。

そんな考え方に縛り付けていってしまう怖い特徴で、

前向きに改善していくための行動にうつせなくなっていくからです。

 

不妊で悩む女性の心の特徴 自信がない

前向きに物事に取り組むことができない、自分自身のなかに自信がないという点があります。

不安に感じるのも、恐怖をいだくのも、今後自分が行っていくことを

ポジティブに受け止めることができずに

やる前からダメだ、きっとうまくいかない気がする。

またダメなんだろうな、いつまでこのまま何だろうとうまくいかない事に自信をもっています。

 

自分自身の心の中にあるうまくいかなくさせる特徴、ストレスを感じさせる心の癖、

をもっていると、結局は妊活でいきづまります。

 

まとめ

不妊で悩んでいるほど、この不安や恐怖心もふくらみ、自信もしぼみやすくなります。

心をいい状態に元気を取り戻すことも大切ですね。

妊娠できるようになった人の真似をすると妊娠できるようになっていきます。

でも、多くの人が間違ったまねの仕方をします。

何を飲んだらできたか、どんなお茶を飲んだら授かったのか、

どんな体操をしたら授かったのか、どの病院へいったら授かったのか、

どんなことをしたら・・・

そこばかりをまねようとしますが本当に真似をした方がいいところは

妊娠しやすい人の考え方、こころあり方です。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい