私は不妊様?周囲の反応に気を使いすぎていませんか? |

私は不妊様?周囲の反応に気を使いすぎていませんか?

不妊落ち込む女性

不妊で悩んでいる自分に対して配慮がないことにいら立ち、

周囲に必要以上に配慮を求めるのが不妊様。実際に長く不妊に悩んだり、

つらい不妊治療を経験していたりすると、どうしても周囲の妊娠を喜べない、

妬んでしまう、心の中がドロドロしていってしまったり、鬱々としてきてしまうときも

出てきてしまうかもしれないですね。

不妊で悩めば、妊娠にまつわる事に、あなた自分、周囲の反応に敏感になるのもわかります。

人それぞれ対応はちがうでしょうが、相手がとってくれた反応に対して

嫌な思いをしたり、気を使わせすぎているのかなと思ったり、

モヤモヤと周囲の反応に気を使いすぎになってきてはいませんか?

 

不妊様

自分の辛さや苦しみを他者にも理解してほしい、気持ちを共感してほしい

それは不妊に限らず辛い時、悩んだとき、誰もが抱く気持ちのはずです。

何でわかってくれないの?もっとわかって欲しい!!

抱いてしまうのもごく当然の気持ちかもしれません。

不妊で悩み、悩めば悩み過ぎだと周囲からは言われ、

まだかまだかとプレッシャーをかけられ、つらい気持ちでいる所に、

旦那さんの方がかわいそうだとひどいことまで言われるケースもあるようです。

 

 

不妊様 になってしまうわけ

人間が心底求める事は他者から認められるという欲求です。承認欲求です。

この欲求が満たされていない表れが過度に周囲から理解されたいという気持ちにつなが

っていきます。

不妊様、そんな性格だから妊娠できないのよ・・・。そんな書き込みがネット上にあったりします。

承認欲求が満たされずに育ってくると、性格を形成する上でも問題が生じやすく

人間関係も悪化しやすいというところがあります。

不妊様に限らない事ですが、自分を理解してほしい、

理解してくれない相手に対し攻撃的になったり、批判的になってり、

妬んだり羨む傾向が強くなる場合は両親からの承認欲求や親和欲求が満たされずに

育ってきている場合も多々あります。そんな心の中のトラブルを抱えていることも

不妊様と呼ばれるような、周囲に過度に気を使って欲しいわかって欲しいという部分が

おもてに出てくるという一面もあります。

 

これが満たされたとき、もっともっと前向きに妊活にも取り組めるようになれるはずです。

辛い気持ちは分かって欲しいし、苦しい気持ちも誰かにしっかり受け止めて

もらえる事で、前向きにもなれるようになるものです。

 

不妊様がもとめるのは

こんな時、本当は、一番近くにいる人に共感してほしいと思っているのです。

ほんとうは旦那さんに一番にわかっていてほしいものでしょう。

そこがかなわないから、どんどん受け止めてほしい矛先が他へ向いていってしまうだけです。

一番は旦那さんに日頃から受け止めてもらえれば一番良いのです。

どうしてもプライベートな事なので、友人や親にだって相談しにくいのですから。

かといって病院ではカウンセリングを設けているところは少なく、

心のケアまでは行きつけない事でしょう。

不妊は女性が一人で苦しむケースが少なくありません。

心に苦しみを抱えたままでは楽しい妊活へは程遠くなってしまいます。

もう少し肩の力を抜けるようにしてあげる事で、もっともっと妊娠しやすくなってきます。

 

不妊様にならないようにするために

夫婦で認め合うコミュニケーションをとる習慣が大切になります。

日々、夫婦でお互いを認め合うというコミュニケーションをとる習慣を取り入れていって

欲しいのです。

それには、まずは、あなたから変化を起こしてください。

必ず、旦那さんがしてくれたことには大したことでなくても「ありがとう」

この一言を添えるようにしてみてくださいね。

はじめは大して変化がないかもしれませんが3日も続けていると少しづつ

旦那さんも変わってきます。

そして、つらくて苦しい時は話を聴いてもらってください。

聴いてもらったら、必ず「話を聴いてくれて、ありがとう。」

そう言葉を添えるようにしてみてくださいね。

「ありがとう」は魔法の言葉で、人間関係を円滑にして、

劇的な変化をもたらすと言われている最高の言葉です。

「ありがとう」この言葉を沢山使うだけで、脳の神経回路にも変化が出てくることが

研究で証明されていて、物事をポジティブに捉えやすくなります。

とにかく些細な事でもなんでも「ありがとう」と接してみる事を心掛けてみてくださいね。

あなたが「ありがとう」を使えば使うほど、あなたに対して、

「ありがとう」「よくやっているんだね」「頑張っているんだね」「つらかったね」

「くるしいよね」「不安だよね」「悩んだんだね」あなたの事を認める言葉が自然と

旦那さんをはじめ、周囲から向けられてくるようになりますよ。

こんなにつらいのに、なんで自分から変わらないといけないの??

そう思えば今までのままで何も変わらないママになってしまいます。

今、あなたが少し変わるだけで、未来も周囲の反応も大きく変わってきます。

 

まとめ

不妊の悩みは体だけでなく、心の問題へと根深さがあります。

妊娠しにくくなるほど、細胞の質を劣化させるほどストレスホルモンにさらされてきている

背景があります。本来でしたら自然な治癒力も、修復能力もあるのですが、

過度なストレスにさらされていることで、不妊体質になり悪循環になっていきます。

不妊様なんて呼ばれたくないですし、自分をそんな存在にしていきたくもないですね。

つらい悩みだからこそ、一人で抱え込みすぎずに進めていきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい