男性不妊でもカウンセリングで喜び妊娠と出産報告へ |

男性不妊でもカウンセリングで喜び妊娠と出産報告へ

不妊の原因は男性にも女性にもあったり、両方が抱えていることもあります。

男性不妊では、精子に問題があるケースが9割ほどといわれています。

 

精子の質が受精、着床、その後にも影響が出るため、

女性だけでなく、旦那さんの方の精子の質を高めていくこともポイントとなりますね。

 

精子という細胞は、男性の心身の体調や生活習慣によっても大きく変化するものです。

さらに射精しているのかどうかという点も重要なので

性生活が激減してしまった妊活からセックスフル生活・楽しい性生活に

するために変えていく必要があります。

 

射精していないという事はそれだけ酸化ストレスにさらされた精子という事になり

どうしても運動率も悪いですし、DNAのダメージも大きいですよね。

 

うまくいかないと、生理がくるたびにダメだったと落ち込みやすく

悩みもどんどん大きくなっていきやすいです。

 

この方は医師から男性不妊を指摘され、顕微授精でないと無理と言われていましたが、

男性の方の問題も整えたのと、

女性の体に受精卵がとどまるように、私からのアドバイスに沿って、

ポイントを抑えた妊活に切り替えていただきました。

 

多くの方は、不妊や妊活の情報をネットで検索し、ありきたりの病院や

ありきたりのサプリや漢方などの情報によって、本当に大事なことが殆どできていません!!

 

これはもう、本当に危機的状態です。

頑張っていても着床しにくいし、妊娠を維持できないからです。

 

だから妊娠、そして出産という成果を得られていないのです。

本気で妊娠したかったら、やるべきことはもっと別のところにありますよ。

 

そして、40代以降は特に、不妊治療よりも断然高くなる

自然妊娠の道というのも大事な選択肢の一つになります

 

男性不妊の方ももっと変われるケースの方もたくさんいるのに、本当にもったいない!!

これが私の本音であり、気持ちです。

 

順調すぎるくらいに順調で怖いと思われるくらい、

幸せで順調な妊娠と出産を迎えられているのは、取り組むべきことに

ちゃんと取り組んできていただいたからですね。

 

妊娠と出産に順調に進むには、どうしてもポイントを押さえていないとできません。

こういった内容は、病院では教えてもらえません。

個別なカウンセリングだからこそうまくいく部分もありますし、

性に関わる事なので、女性にだけ、そっと教えています!

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい