不妊セックスレス解消へ パートナーとの関係を修復する妊娠瞑想法 |

不妊セックスレス解消へ パートナーとの関係を修復する妊娠瞑想法

パートナーとの関係を修復するためのステップ

 

パートナーとの関係を修復して、仲がぽかぽか温まりだすと、

お互いの心も、交流する体もよい流れができます。

良い流れができるということは、

澱んでいたものがスムーズに流れ始めるという事です。

 

 

心が温まりだすと、子宮もぽかぽかと温かさを取り戻していきます。

 

また、夫婦関係だけでもなく、

人間関係で悩む場合、

不妊で悩んでいて周囲との関係に悩んだり、両親との関係で

悩んでいる場合にもとっても効果的です。

呼吸を整えて、落ち着いて

基本的瞑想法から入り落ち着いてから行うようにしていきましょう。

 

 

瞑想のやり方

1 目をゆっくり閉じて、胸の前で手のひらを合わせる

リラックスして、手の力がなくなり、

落ちるくらい力が抜けたら

 

2 不満を感じた場面、嫌だなと感じた場面を思い出して

また、離れたい距離をとりたいと思う相手との一場面を思い浮かべてみましょう。

その相手と接した時に感じた気持ちはどうだったのでしょうか?

また、相手にどんなことを感じたのか、

言葉で表現してみましょう。

 

 

3 言葉で表現できたら、実際に声に出していってみましょう。

本当は、嫌だった。

そんな言い方してほしくなかった。

分かって欲しかった。

分かってくれていると思っていたから余計に悲しかった。

私のことが嫌いなの?

その時、自分は本当はどんなことを感じて、相手に何を伝えたかったのでしょう。

実際に言葉に、声に出していってみましょう。

 

 

4 気づかせてくれてありがとう

ずっとずっとためていたものは、ためておいても

心の中をクリアにはしてくれません。

潜在意識の中に蓄積されて、

あなたという枠踏みをより作り上げていきます。

子宮はいつでもぽかぽか温かい状態を望んでいます。

本当は持っている心の傷を気付かせてくれる相手が、

嫌だと思う存在・不満を持つ存在は

あなたの心の傷・トラウマを気付かせてくれる存在です。

心が浄化されるとき、

心に温かさが戻ってくるように、

リンクして、子宮も温まり始めます。

 

 

今は絶望的に思えても、不妊の悩みをいい状態に進ませるのは、

心をあたためていくことと子宮をあたためていくことです。

 

 

子宮ぽかぽかレッスンはこちら

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい