産まれた時から決まった数の卵胞(卵子の元になる細胞) |

産まれた時から決まった数の卵胞(卵子の元になる細胞)

女性は産まれた時から決まった数の卵胞(卵子の元になる細胞)を持っています。

 

卵胞が、約28日に1回ずつ卵子となって卵巣から飛び出します。

生理周期によって異なりますが、28日周期で規則的な場合は28日に1回出てくるのです。

これを排卵と言いますね。

その飛び出した卵子は、手のひらのような形をした卵管采という器官に吸い込まれ、

卵管内に入り、

卵管膨大部というところで精子と出会うのを待ちます。

 

若しくは先に待ってくれていた精子とばったり会うのです。

卵子の寿命はおよそ24時間と言われています。

その間に精子と出会わなければ、妊娠は成立しません。

妊娠とはその間に出会う事が出来た奇跡ですね。

 

デートの待ち合わせみたいですね。

先に男の人が待っていてくれれば、

お待たせ~と言って女の人が男の人の腕につかまりにいかれるのです。

 

あなたが、星の数ほど人がいる中で、旦那さんと出会って結ばれた事も奇跡だったでしょう。

好きで、会うのですらドキドキしたり楽しみにしたりそんな状態だと

あなたの体の中の卵子も旦那さんの中の精子も無事に素敵な出会いができるのではないでしょうか。

何と言ってもあなたの分身なのですから。

一緒にいるのが当たり前で、どちらかというと普段からわずらわしく感じたり、

なぜか思いやりを持てなくなっていたり、話したりするのもなんか嫌、

SEXはお付き合い程度に仕方なくとか、

そういった思いでいたとしたら卵子と精子は無事に待ち合わせしてデートできるでしょうか?

 

妊娠しやすい状態とは夫婦、男女ともリラックスして、

ホルモンバランスが整い、必要なホルモンが分泌されると

成立しやすいのです。

ホルモンバランスを整える事

それは、

今までの足りないと思っている事を補うために

あれもこれも取り入れる事で整うわけではないんですね。

妊活といって、色々努力をされるのはとっても素晴らしい事なのですが、

それはもともとの土台が成り立ったうえで積み上げると効果が出す事なんですよね。

 

まずは今までの習慣や、無意識できづけない行動にこそ、

不妊を引き寄せる習慣がまぎれています。

その積み重ねで気づかないうちにホルモンバランスは崩れ、

無意識のうちに不妊サイクルに陥って、

不安、悲しみ、戸惑い、妬みそういった循環から

ストレスをため込みやすく、不妊のサイクルから

抜けられなくなってしまっている事に気づきましょう。

 

限りある卵子が活性化して、ホルモンバランスが整う事で

妊娠はもっと簡単に引き寄せる事が可能になります。

妊娠力を高めていきましょう。

女性ホルモン力を高める生活習慣とは・・・こちらより

banner_big_49

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい