不妊疲れ果て…妊娠しやすさ回復3つのポイント |

不妊疲れ果て…妊娠しやすさ回復3つのポイント

不妊スマホ検索する女性

不妊でなやみ、頑張って妊活をしているうちに

あれもやって、これもやって、どうしたらもっとよくなるのかと

どんどんやることを詰め込んでは疲れてしまいました…という方も

心身ともに疲れているのに、なぜか

いったいどうしたらいいののかという問題を抱えていませんか?

疲れの原因と、対処法をしってまずは元気を取り戻しましょう。

 

疲れ果ててしまう原因

人の疲れの原因は大きく分けると3つあります。

肉体疲労・精神疲労・神経疲労です。

寝ても取れない疲れはほとんどが精神疲労と神経疲労からやってくるものです。

そのため、どれだけ体力をつけようとしても、疲れが取れないままに

悪循環にはいってしまいます。

体の疲れ以上に精神や神経の疲労によって慢性的に疲れてしまうのですから

その部分を回復させていくことをしてあげましょう。

疲労を回復することで、体もこころも元気を取り戻し、

妊娠しやすい良い状態を作りやすくなります。

妊娠しやすい良い状態とはやはり健康的な状態のことです。

疲れの度合いは睡眠にもあらわれます。

夜中に目が覚める・熟眠感がない・寝つきが悪いという方は

疲労もたまっていることでしょう。

思い当る方は次のポイントを押さえて回復させていきましょう。

 

 

疲労回復のための3つのポイント

1 睡眠

睡眠は疲労の回復や、細胞の修復を行う大切なものです。

睡眠の質は寝ている時間帯によって変わります。

22時から2時の間に深い眠りについているかどうかが鍵を握ります。

寝る1~2時間前に入浴をすませ、寝る2時間前からは

朝起きて午前中のうちに日光を浴びておく、

夜はスマホ、テレビ、パソコンなど強い光を浴びないようにしておくことも

大事なポイントです。

 

 

2 目を暗くしてあたためて疲労回復

目は心の窓といわれるほど、心理状態が目に現れてきます。

視覚情報は脳へ直接神経を通して情報が伝えられます。

目の周りの筋肉の緊張は疲労感を高めます。

視覚情報を遮断して、目の周りの筋肉の緊張をといてあげるだけで

疲労が回復していきます。

思った以上に目の疲れは体や心の疲れに直結していきます。

アイマスクなどで真っ暗闇を作ってシャットアウトしてみましょう。

マッサージや目薬よりも疲労回復効果が高いといわれています。

 

 

3 心の中の整理をしてスッキリと

不安をノートに書き出すという事で、

緊張を和らげる効果があるといわれています。

不安を抱えて、色々考えているだけでも、精神的に疲労感も

増してしまいますね。

 

不安はノートに書き出して、吐き出すことで、

自分の中で整理され、心もスッキリとします。

 

 

まとめ

人間にとって睡眠は何より大事なものです。

妊活というと、食事・栄養・サプリ・漢方・タイミング・不妊治療というものに

関心が高まるものもっともですが、

妊娠しやすい体を作っていくには、

元気で健康的に過ごせるようにしてあげることが最善です。

睡眠不足や質の悪さはホルモンバランスや自律神経、

免疫系にすぐ影響してきてしまいます。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい