幸福度が高いほど免疫力良好!妊娠できる体には免疫がカギ |

幸福度が高いほど免疫力良好!妊娠できる体には免疫がカギ

妊娠に免疫が関わることをご存知でしょうか?

妊活、妊活、体質改善と夢中になっていると、

気になってしまうのは、排卵日のタイミングやサプリや漢方、

食事を変える事での体質改善に注目が集まりがちです。

しかし、実際は赤ちゃんが授からずに悩み続ける方の方が圧倒的に多いです。

それもそのはずで、

妊娠には自律神経をはじめ、ホルモンの影響を受けるとともに、

免疫系の影響もものすごく見えるからです。

しかも、医学的な検査ではわからないものばかりとなります。

卵子と精子がいかにくっついて受精したとしても、

その後着床しママの子宮の中で分裂し育たない限り妊娠にはいたりません。

そのため、妊娠には免疫も大きくかかわります。

その免疫ですが幸福度と相関の関係にあることが最近の研究ではわかるように

なってきています。

幸せな人ほど、免疫状態がよいのです。

 

幸福度と免疫との関係

最近の「幸せ」についての研究ではいろいろなことがわかってきています。

幸福度が高いほど、健康的で病気になりにくく寿命も長いという結果です。

また、インフルエンザなどの予防接種をした場合にも

ウィルスに対する抗体を作り出す量が、

幸福度が高い人は2倍ほど多くなるという結果もあります。

幸福感が高いほどに心拍は安定し、呼吸も深くゆっくりと

血圧も安定しています。

また、アンチエイジングのホルモンであるDHEAの分泌量も増えます。

 

妊娠しやすく卵子の質を良くしたいと考える事でしょう。

卵子も1つの細胞です。

良好な血液循環の環境の中、充分な酸素と栄養が運ばれ、

老廃物は排泄され、修復が順調にされることでいい状態を保つことができます。

 

妊娠には良好な免疫が必要

妊娠しない妊娠しないと、

不安でいたり、悲しんでいたり、あせっていたり、

イライラしたり、落ち込んでいたり、怒ってみたり、

これらは全て幸福とは真逆になります。

こういったネガティブな思考や感情からは、

それだけにとどまらず、

自律神経や、ホルモン、免疫系へ負の働きかけしかおきてはきません。

自己免疫疾患など、自分の細胞ですら攻撃をしてしまうという

病気がありますが、医学的な原因は不明ですが、不思議と患者さんの性格に特徴があります。

まじめすぎたり、几帳面すぎたり、頑固すぎたり、

イライラしすぎたり、白黒はっきりさせずにはいられなかったりです。

 

妊娠とは、自分以外の男性側の細胞を受け入れて、

順調に育てていく過程です。

いい免疫状態であることが非常に重要となります。

 

みなさん悩んでカウンセリング相談に来たときは、

とっても不幸せそうな顔をしていたのに、

妊娠する頃には、とっても幸せそうな笑顔と、

自然と口をついて色々気づいたことを話してくれるように変わっていきます。

例えるなら、その人が発する雰囲気や言う事、

やることに色や形を付けて感じ取ったとしたら、

ハッピーカラーのふんわりオーラが出ている感じですね。

 

不幸の側にいれば、いつまでも不妊で悩み続けるという事になってしまいます。

↓↓↓動画からも説明しています↓↓↓

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい