カウンセリング順調で怖い!30代後半自然妊娠そして出産報告 |

カウンセリング順調で怖い!30代後半自然妊娠そして出産報告

妊活は年齢とともに妊娠確率に大きく影響がでてくるもの。

特に不妊治療を受けてみるとそれに直面しやすいかと思います。

人工授精でも、妊娠確率が20代でも低く10%であり、だいたいは6%と言われています。

でも、3回も人工授精をしたのにダメだったと思う方もたくさんいるでしょう。

病院が悪いのでは、先生の腕が良くなかったのではと思う事もあるでしょう。

体外受精になったらもっとそう思う事でしょう。

生殖医療なのに・・・。生殖医療がカバーする部分は主に受精のところのサポートです。

しかも、全体の統計からみても、2から3回で妊娠できるような数値や確率なわけではありません。

 

そのため、30代でも子供ができないという事に悩み、治療でも授からないと

悩む方がとても多いです。

 

それは、妊娠において本当に重要な事をちゃんと押さえていないからです。

 

どうしたら妊娠しやすくなるのか、その一番のポイントは

どうしたら着床しやすくそれを維持できるかといった視点に立つことです。

 

治療の視点は受精です。そのため、どうしても自ら

受精させられないご夫婦にとっては希望の光でもあるでしょう。

しかし、次にやってくる、着床の段階からそれ以降を保っていくことに力を注げるような

妊活をしていくこと。

 

子どもができないで悩むご夫婦が抱えるポイントは3つの段階があります。

1受精

2着床

3妊娠の維持

 

となります。この、2番目、3番目へとつながる取り組みを行ってこそ

順調な経過を迎えていくことができます。

 

そのため、この方も30代後半ですが、本人もちょっと怖いと思うくらい

妊娠、そして順調な経過、出産、子育てつながっています。

 

ただ、受精だけという視点ではなく、ママとして自信をもって子育てをしていかれるように

女性としての自信、自分という人間とうまく付き合っていくこと、

自分が満たされて生きるという点も踏まえたカウンセリングを行ってきて

今、夢を叶えてママ・子育てに奮闘されています。

 

そして、私から言えることは、自然妊娠の道は決してなくしてはいけないという事です。

自然妊娠は最も授かりやすく、累積させられるからです。

累積した時に確率がものすごくいいわけです。

 

不妊治療もそれはそれでいいと思います。

でも、あまりにも確率が低く、どうしても長期化します。

その治療をつづけていく間に、自然妊娠ですら

授かれない状況になってしまうように変わっていってしまうのです。

精神的にかかってくるストレスが慢性化してしまうこと、

自律神経が乱れ、

夫婦の性生活が減る、といった点は特に影響が大きいでしょう。

 

 

不妊治療で授からないご夫婦の方が統計的に見ても圧倒的に多いのです。

不妊治療の末子供を授からない人の割合は6~7割存在します。

研究などをみても、それは30代でもいえる事です。

42歳以上では産める人の方が奇跡的と言える確率になっています。

 

でも、でも、私は確かに40代でも自然に授かってママになっていっている方を

沢山見てきています。こうしてご紹介していただく方もその一部です。

もちろんみなさん、どなたも初めは悩んでいました。それぞれに取り組む課題があります。

だからこそ、そこの改善に取り組む必要があります。

親戚集まりなどのたびに、心を傷め、周囲からの言葉に傷つくのが嫌で

友達ともどんどん疎遠になって、気が付いたら、

自分に何も残っていないのでは・・・なんてそんな風に思う人生にしないでください。

 

また、自分の人生にも後悔を残さないという事も大切です。

 

だい

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい