40代でもカウンセリングで不妊治療後からの自然妊娠出産

40代でもカウンセリングで不妊治療後からの自然妊娠出産

40歳代だと妊娠しにくい年代にはなってしまうのですが、

不妊治療での妊娠確率も5%未満、出産確率は1%未満とかなり絶望的なのですが、

一方で自然妊娠というのは累積し妊娠しやすい道となります。

 

不妊治療でタイミング療法・人工授精からステップアップ

体外受精までもトライしていますが、

移植できない、移植しても着床しないといったことで悩まれてきています。

 

期待する分、やはりうまくいかない事でかなり落ち込みやすいのと、

何とかこれで妊娠したい、次こそはとプレッシャーを自分にもついついかけてしまいますね。

まずは、妊娠できなくなっており自分に対しても、自己効力感や自己肯定感が下がり

自分が妊娠していかれる気持ちが損なわれてしまい、

不安が強まるのと、焦る気持ちも高まってしまっていたので

メンタルトレーニングに取り組んでいただきました。

また、常になにか考え事をしていて、子どものこと、授かる事、欲しい欲しいという事

子どもができるのか不安になること、年齢的にもう諦めないといけないのかなど

ぐるぐるしてしまうのが嫌で、瞑想などにも取り組んでいただきました。

 

仲良しご夫婦だけど、どうしても性生活は少なくは排卵期のみと

少なすぎるところも改善点えしたので

回数を増やすという事よりは、タイミング以外に性生活を増やしていくための

取り組みを行っていただきました!

 

性生活というのは単純に学習です。

何を夫婦で学び取ってきたかによって充実するのか、イヤイヤになるのかが

決まります。基本的には相手任せではいい方向に行くはずはありません。

なので、女性の扱いが上手なパートナーなら良かったのに、

もっと女性の体の事わかってくれる人ならいいのに、相手から誘ってくれたらいいのに、

ムードのある事してくれたらいいのに、やる気を出してくれたらいいのに、

は同じような事をパートナーも思っていると考えた方が良いでしょう。

(同じように不満を抱かれているという事ですね。)

 

性生活が減っている方は、そもそもの性生活においての学習の仕方を知らずにいます。

だからレス傾向になります。レスになる方向性の事ばかりしてしまうからです。

 

食事に気をつける、運動もする、などなど気をつけるとより良い点ってありますが、

どうしても外せないのが、この2点

・精神的にいい状態を保つためのメンタルトレーニング

・性生活の改善

 

でも、こういった部分は病院や他ではほとんど教えてはもらえない事ばかりです

また、内容としてもネット上には公開されていないものなので手に入れる事も不可でしょう。

またかなり個別性が高い内容にはなっていくので、アドバイスをする際も

お一人お一人に合う内容でご提案しています。

でも、ちゃんとここに取り組めば、40代でも不妊治療では授からなかったのに、

その後からでも自然妊娠と出産という喜びにつながっています。

 

もちろん科学的根拠や医学的根拠がある内容ですので、単純に○○するだけで3ヶ月で

妊娠します!といったようなものでもありません。

 

不妊の悩みは本人でないと分からないといわれるくらい、

本当につらく、悩みが深いものです。家族の事、仕事の事、夫婦の事

他人間関係にも関わり人生に大きな影響を与える悩みです。

それでも、それだけ悩んだからこそ元気な子を産んで、その体験を夫婦で共有できる

喜びは本当にかけがえのないものになり、一生の宝物にもなります。

だからこそ、味わえる幸せもありますね。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい