妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

0a2013126904419

自然妊娠を望む場合、女性ホルモン(エストロゲン)をどう高める?

2016/04/06

0a2013126904419

妊娠を望む場合、女性ホルモンのバランスがある程度整い、

必要な女性ホルモンが分泌されて、器官が機能していないと難しいですよね。

なので、自然妊娠を望む場合は、年齢という点よりは、

女性ホルモンがバランスよく分泌されているかどうかという点が

大切になってきます。

 

自然妊娠には女性ホルモン(なかでもエストロゲン)が大事

なかでも、エストロゲンを高めるにはどうしていったらよいのかという

点を見ていきたいと思います。

 

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは美人ホルモンともいわれるホルモンで、

分泌は思春期ごろから始まります。

エストロゲンが分泌されると肌がすべすべになり、

体のラインに丸みが帯びてきて乳腺の発達を促しおっぱいが大きくなります

女性らしさを司るホルモンです。

生殖機能の成長も著しくなり、

卵巣機能の発育や子宮内膜を増殖させるなど、「妊娠するため」の準備を担う

とっても大切なホルモンでもあります。

 

 

 

エストロゲンで魅力的な女性に

月経周期でいうと、エストロゲンは整理が終わる頃から排卵日の直前により多く分泌されます。

エストロゲンの分泌量の増える排卵前までは、

肌や髪にハリとツヤを与え、気力が充実してとっても魅力的な期間となります。

ちょうど排卵期に差し掛かるので、

直感的に男性が惹かれるようになっているのかもしれませんね。

 

 

なので、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が十分でない場合、

妊娠しにくい、妊娠できても妊娠を維持しにくいという事が起きてきます。

ホルモンを分泌させる「卵巣」がうまく機能していないと

女性ホルモンの分泌もままなりません。

エストロゲンは女性をより女性らしくすると同時に、

しっかりと妊娠をサポートしてくれてる大切なホルモンなんですね。

 

 

 

エストロゲンの分泌がうまくいかない原因

 

エストロゲンなど、女性ホルモンの分泌に大きくかかわるのが大きく分けると

総合指令所である脳

そしてその間にホルモンの分泌に関わる自律神経

実際に黄体を出す卵巣

が関わります。

実際にはもっと複雑にやり取りされます。

そして、どこの部分がうまくいかなくても、

結局はホルモンの分泌が低下します。

 

なので、無理に出させようとする治療や不自然なやり方で補うのではない

より自然に近い形で

ホルモン分泌を促せるようにアプローチをすることで自然妊娠力を高める事ができますね。

さらに、この自然妊娠力が高いのは、

不妊治療の結果を早くに出すお手伝いにもなります。

 

 

受精卵を戻した後は、

ママの母体に戻されてそこの期間・機能・ホルモン状態によってはぐくまれているのですから

不妊症で悩んでさらに不育症に悩むのは、

この力がないからなんです。

 

これからは、

女性ホルモンには大まかに言えば、工ストロゲン(卵胞ホルモン)とプ口ゲステロン(黄体ホルモン)があります。

女性ホルモンは、バランスがとっても大事なんですね。

月経のリズムがつくり、この繰り返しのバランスが悪くなると、

排卵・受精・着床などの働きが不安定になったり、機能しなくなったりします。

このとき目に見える変化や体調の不調はさまざまですが、

案外無視されてしまい過ごしてしまいがちです。

 

 

ホルモンバランスが崩れると、

妊娠できないのではなく、妊娠しにくい体、「不妊」という状態になりやすくなります。

以前に比べ体の不調や生理周期の変動などが見られるようでしたら、

ホルモンバランスの異常を疑って、

はやくにホルモンバランスを整える生活へ転換していきましょう。

 

ホルモンバランスが悪いといっても、

どこの部分に原因があってホルモンの分泌が悪くなっているのかを探ってみる事も大切です。

 

自律神経乱れタイプなのか

セロトニン不足タイプなのか

卵巣お疲れタイプなのか

どれでも結果、黄体ホルモンの分泌低下につながりますが、

改善させていくには、

それぞれ、対処の仕方が違います。

 

自然妊娠を望む場合でも、

不妊治療をうけていくのでも妊娠を早くに引き寄せたい場合でしたら、

まずはどういったタイプで自分のホルモンの分泌がうまくいっていないのかを

知り、それにあったアプローチが必要です。

 

女性ホルモンを整えていくにはまずはストレスを減らしましょう

不妊の大敵 ストレスをとにかく減らしていく。

これが大切になってきます。

ストレスは実際に数値などで測ることができないため、

見過ごしがちになりますが、

ストレスをためすぎてしまうと、ホルモンの分泌がままならず異常事態に。

上手にストレスを発散させることにしましょう。

そして、ストレスによるカラダの些細な信号にも気づけるゆとりも大切ですね。

 

もっと卵巣機能を高めたいと思っているアナタへ

卵巣を元気に整える3つの習慣

今までの私のカウンセリングで実践してきたこと

変わりたいのに、なぜか変われない。

妊娠したいなら、ストレスをなくして、くよくよせずに

リラックスして前向きに楽しく毎日を過ごせばいい。

周囲に振り回されずに、まわりと比べずに、焦らなければいい。

でも、頭でわかっていても、そこがなぜか変えられずに、不安や恐怖心に

のまれそうになってはいませんか?

そんな目に見えない何かによって変えられなかったのを、

劇的にかえられるある方法でクライアント様のそこの

変わりたいのに変われなかった部分を打開させてきました。

その全てを盛り込んで、今回無料で配布することにいたしました。

 

あれほど不妊で悩んだのに、不妊治療もしてもかすりもしなかったのに、

自然妊娠ができるに ガラっと変わった

 

驚きと喜びの連続を創り上げた私のカウンセリングの中身をまとめました。

 

是非、あなたの妊活にお役立てください。今のうちに手に入れておいてください。

 

どうしても、ここでは言えない 「特別豪華特典」 がついています。詳しくは、レポートの最後で。

 

012

妊活セミナー

妊活セミナー

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

喜びのお声

喜びのお声

カウンセリング

カウンセリング
no image
なかなか妊娠しないなら…受けておいた方がいい子宮卵管造影検査

どれだけ排卵していても、夫婦の性生活があったとしても、 卵管が閉塞していれば妊娠 ...

afa21
妊娠できる自信がない、不妊不安と焦りだらけを解決する方法

不妊で悩まれる方の中には、どうしても不安が付きまとう、焦ってばかりしまう、 排卵 ...

000000ar
医師からも言われたけれどもっとセックスを楽しむには?

セックス自体楽しめば妊娠しやすくなるという事は聞いたことがありませんか? 不妊治 ...

winterskin
バカにできないストレスが招く冷えと不妊

身の回りには多くの冷えをまねく要因が潜んでいます。 妊活には冷えは大敵です。その ...

IMG_6797
7/8(土)東京妊活セミナーぽっかぽか相談会開催のご案内(人数限定)

大盛況!ご参加いただいた方からは大満足のお声をいただいた あなたに寄り添った妊活 ...

-妊娠する女性ホルモンバランス乱れ改善