鼠径部圧迫も冷えの原因。20代子作りのためのストレッチ

鼠径部圧迫も冷えの原因。20代子作りのためのストレッチ

妊娠に必要なホルモンや栄養を生殖器に届け、
 
不要な物質を回収し外に排出するためには血の巡りをスムーズにしなくてはなりません。
 
妊娠しやすい人は血流が良いのも特徴なのです。
 
冷えに悩み始める20代では子作りのために鼠径部のストレッチもおすすめですよ。
 

長時間のデスクワークが冷えの原因

長時間座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事に就くと血の巡りが悪くなってしまい、
 
肩こり、腰痛、眼痛、など不調を感じる機会が多くなっていくもので、
 
女性は特に冷えに悩まされるようになっていくのです。
 
もともと女性は男性よりも筋肉量が少なく冷えに悩みやすい体質ではあります。
 
そして、デスクワークなどの座位が長時間続く仕事をすると
 
足の付け根当たりの鼠径部(そけいぶ)が圧迫され冷えを悪化させてしまうのです。
 
 
体には網目状に隅々まで行き渡るようにリンパ管があり、
 
その中に流れるリンパ液が血液内の栄養を細胞達にお届けし、老廃物を集め除去を行っています。
 
同じ姿勢を続けるという事は圧迫する事や動かない事でリンパ液をその場にとどめてしまいます。
 
そうすると老廃物がたまるむくみや循環悪化で熱が体に回らなくなり冷えを招くのです。
 
長時間同じ姿勢による冷えを解消するためには何よりも動く、血の流れを促してあげる事が大切なのです。
 

慢性する前に冷え性の改善

体の外側に痛みを感じると、気持ちもスッキリしないですし、
 
頑張るぞ!という活力も湧きにくくなってしまうでしょう。
 
特に冷えは体の機能が低下していると感じる事から、
 
不妊の心配が強くなってしまうものです。
 
だけど、冷えはきちんとケアする事で改善が出来るので、
 
温かい飲み物を飲む、質の良い睡眠をしかりとる、
 
こまめな水分補給といったちょっとした心がけで、
 
赤ちゃんを授かるためのポカポカな体を手に入れる事も出来ます。
 
 
講習会や説明会で長時間座る機会があった時は靴下で足先をカバーするだけではなく、
 
帰宅後はプラスアルファ鼠径部をホッカイロなどで軽く温め、
 
伸ばしながらそっと手のひらで揺すってマッサージしてあげて下さい。
 
寝ながら、座りながらできるものもありますので、鼠径部のストレッチ習慣を取り入れていきましょう。
 
鼠径部圧迫で精子の質が低下しないようにふんどしが進められているように、
 
女性の下着にもゴムで圧迫しないふんどしパンツがあるようです。
 
オーガニック素材や可愛いデザインがたくさんあるのでチェックしてみてもいいかもしれませんね。
 
妊活を楽しむ心は大切。こういったワクワクするようなグッズやジンクスは心には良い影響を与えてくれますので、
 
ちょっとやってみようかなという気分で楽しめる事をたくさんやってみて下さい。
 

まとめ

仕事のストレスも心と体を冷やす原因に。
 
妊活にはどちらの冷えもしっかりと解消する必要があります。
 
不妊の原因には色々考えられ知識がたくさん必要に感じてしまいますが、自分の健康を管理して、
 
心をリラックスさせ自分を大切にしてあげる事を意識する事でグッと妊娠率は上がっていきますよ。
 
いつも笑顔の暖かいママも、笑い声が絶えない温かな家庭も、
 
ヌクヌク居心地が良く赤ちゃんも大好きなのです。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい