フーナーテスト0ゼロだと妊娠できないの?男性不妊対策とは? |

フーナーテスト0ゼロだと妊娠できないの?男性不妊対策とは?

不妊検査の中でも、重要視されるのがフーナーテストです。

性交後に子宮頚管の粘液内にある精子の状態を確認するための検査で、

ヒューナーテストとも呼ばれています。

こちらの検査は、不妊検査の中でも初期段階で行われる簡単な検査ですが、

その結果をめぐっては妊娠できるのか不安にもなってしまいますよね。

 

気になるフーナーテストとは?

フーナーテスト(性交後試験、ヒューナーテストともいいます)とは、

排卵が近い妊娠の可能性の高い時期に、夫婦生活をとっていただいたのち、

女性の子宮頸管粘液を採取し、400倍視野で運動精子がどのくらい観察できるかをみる簡単な検査です。

1視野あたり、運動精子10匹以上観察できたら良好と判断。

不妊治療の基礎

 

子宮頚管の粘液を採取して、そこに含まれている精子の数や運動状態などを見て、

女性の子宮頚管粘液と精子の相性に問題がないかを調べていくための検査です。

フーナーテストは不妊治療のための検査ですが、保険適応となるので、

負担がすくなく、診療費込みで2000円~3000円程度で済みます。

排卵日ちかくに、もっとも排卵に適するタイミングをみて、

検査の前日か当日に性交渉を行い、12時間以内に来院するようになります。

病院で子宮頚管の粘液を採取して、そこに含まれている精子の状態をチェックします。

その際の粘液の採取には痛みは伴いません。子宮頚管粘液を約400倍に拡大できる顕微鏡で観察し、

精子の数が妊娠に必要な基準値を超えているのか、運動率、正常な形状をしているかなどを調べます。

この検査で良好だという判断の場合は妊娠できる可能性があると判断されます。

 

フーナーテストはタイミングが大事な検査

フーナーテストの難しい点は、検査時期を正確に決めないと正しい結果が出ないという点にあります。

排卵1~2日前でないと、警官粘液が少なく、おりものの性状も

精子を受け入れるにはふさわしくないため、タイミングがずれると、

フーナーテストの結果が不良と出てしまいます。

排卵日近くを特定し、夫婦の性交渉のタイミングをとれるかがポイントとなります。

検査結果が不良の場合には、数回検査を行います。気になるフーナーテストの基準は以下の通りです。

 

優  15個以上 有意に妊娠率が高い
良  10~14個 妊娠は十分に期待できる
可   5~ 9個 妊娠は期待できる
不良  4個以下 妊娠率は有意に低い

 

ただ、フーナーテストは毎回必ず良い結果が出るとは限りません。そのため何回か検査を繰り返したりもします。

フーナーテストには何が大きく影響するかというと、女性の子宮頸管からの分泌液も

その一つになっています。分泌液の出方にも個人差があるものです。

 

頚管粘液は排卵数日前から顕著に増量し、最終低温日頃に0.3~0.4mlに達し、

水様透明となり牽糸性(水飴のように粘液が糸を引く様子)も15cm以上となります。
頚管粘液の中には食塩が含まれており、乾燥後に顕微鏡で観察するとあたかも羊歯の歯のような模様が見られます。
このような定期的な変化が認められる粘液は精子の遡上に適しています。

これらの指標の中で最も妊孕性と関係が深いのは粘液量で、

それがピークに達した日から4日以内に75%が排卵します。

フーナーテスト

 

 

フーナーテストが0だと妊娠できないの?

フーナーテストが0だと妊娠できないかというとそうでもありません。

たまたまそういう場合も起こる事もあり、また結果は変動したりもしています。

また良好な精子はすでに卵管の方へ進んでしまっている可能性もありますし、

抗精子抗体などがありそれが強いと精子の動きを封じてしまって妊娠しにくくなってしまう

という事もあり、検査したりもしていきます。

 

検査するタイミングによって随分と違いが出たり結果に影響が出る検査であるために、

一喜一憂しすぎないという事も大切でしょう。

実際にフーナーテストゼロだったけれど妊娠したという話も多々あります。

 

フーナーテストはそもそも有用ではない?

日本においては古くから行われている検査なので、

患者様においても凄く信用度が高い検査だと思われている方が本当に多くいらっしゃいます。

しかし!いまだに検査方法や判定基準が統一されておらず、

ヨーロッパ生殖学会やアメリカ生殖学会ではいずれも不妊症のスクリーニング検査としては推奨されてはいません。

驚かれるかもしれませんが、

フーナーテストが不妊症のスクリーニング検査として有用というエビデンスはありません

フーナーテストの結果

 

フーナーテストの結果が良いという場合は妊娠率が、フーナーテストの結果が悪かった

という人と比べると、妊娠確率が2~3倍低下するという事が報告はされています。

Fertil Steril 1994;61:44-52

Hum Reprod 2000;15:1953-1957

 

しかし、フーナーテストそのものがとてもエビデンスがあって、不妊症のスクリーニングとして

有用なわけではなく、その後に抗精子抗体などおこなって、

その結果で体外受精や顕微授精につながる道があるとしたら治療方針を決めていく上で

役には立つ検査と言えるようです。

 

フーナーの結果が悪かった場合の不妊対策は?

精子の質を高めるのは、基本的には生活習慣の見直しとなります。

好ましい生活をおくる事がもとめられます。

規則正しい生活、7時間ほどの睡眠の確保、運動習慣、食生活などにも気をつけたいところです。

規則正しい、男性不妊改善の10か条

1) 禁煙しよう
(タバコは酸化ストレスの原因です。喫煙は男性の妊娠率を低下させて流産率を上昇させます)
2) 禁欲しすぎない
(禁欲期間が長すぎると、精子が酸化ストレスを受けるために運動率が低下します)
3) 睾丸をを温めすぎない
(下着はブリーフよりトランクス派に!長風呂や高温サウナ、膝上でのパソコン作業は避けて熱放出)
4) 育毛剤の使用には要注意
(プロペシアは男性ホルモンに働き、精液の状態を悪化させる可能性あります)
5) 肥満・メタボの改善を
(女性のみならず男性も肥満は妊娠率を低下させます)
6) 食生活に注意
(亜鉛やビタミンEなど、肉魚野菜を多く摂取し、炭水化物過多を避け、バランスの良い食生活を)
7) しっかり7時間は睡眠をとる
(睡眠不足は酸化ストレスの原因なので、できるだけ寝る時間とおきる時間を一定に)
8) 飲酒は適度に
(過量のアルコールは精液の状態を悪化させてしまいます)
9) 長時間の運転や、自転車に注意
(長時間の場合はサドルの圧迫で精液の状態が悪化したり、EDになることがあります)
10)精神的ストレスの軽減
(心のストレスで精液の状態が悪化する可能性があります)

 

男性の精機能にはストレスの影響もでる

またストレスによる不眠が不妊体質を強化してしまいます。

不妊の原因のうち、男性に原因があるケースも40%といわれています。

男性も女性も現代の生活ではストレスも多く、

さらに、妊活の焦りからさらに強いストレスにさらされているといえます。

 

ストレスは不眠を招き、質の低い睡眠によって、体は修復力は衰え、

睡眠時に出てくるメラトニンが減ってしまうと、

抗酸化作用も低下してますます錆びやすい体・細胞へと進行していき

さらなる不妊から抜け出せなくなってしまいます。

眠れるって、こんなにも嬉しい!体が元気になるって実感してほしくて、

こちらのアイテムをご紹介します。

 

睡眠不足は交感神経が優位に

睡眠不足では、自律神経に不調がでてきて、交感神経が優位になると

筋肉は硬く、血行が悪くなります。

筋肉が固く血行が悪いとセックスでも快感を感じにくくなったり、

EDになったり、男性ホルモンがうまく分泌されにくくなり

活性化した精子がつくられにくくなってしまいます。

 

ブルーライトが睡眠の質を下げる

さらに、現代はスマホやタブレットの出現で

長い歴史の中でもないくらい強い光を夜間も浴び続けているという問題が出てきます。

特に、スマホやタブレットに使用されているLED電球からのブルーライトは

夜でも日光に当たっているくらいの影響が出てきてしまいます。

日中はあたった方がいい日光でも、体内リズムをつくりたい人間の体には

夜も浴び続けるのはかえって有害になってしまいます。

特に、睡眠2時間前は部屋の照明も落とし気味にして、

光の強いテレビ、パソコン、スマホなどは避けたい光となります。

 

ブルーライトカットのメガネがマスト

夜間でもパソコンを使用しなくてはならない人、

スマホやタブレットなど使用しなくてはならない人は、

LED電球のブルーライトを50%以上カットできる

メガネの使用などで対応すると光の刺激を受け過ぎずにすみます。

 

どうしても、妊娠したいを叶えたいあなたには

それでも、眠れない、スッキリしないこれは、とてもつらい事です。

不妊の原因に、不眠が潜んでいる事はかなりのケースであります。

本人が思う以上に睡眠不足になっている事は多いと言えます。現代の30代40代男性は

睡眠不足だと言われています。

厚生労働省「平成29年「国民健康・栄養調査」の結果」によると、

40代での1日の平均睡眠時間が6時間未満となっているのが男性48.5%、女性52.4%

と非常に多く寝不足や十分な休息が取れていない状況が当たり前の生活に

なってしまっているといえるでしょう。

睡眠不足は男性ホルモンの分泌を低下させ、さらにそのレベルは1時間不足するごとに

12歳分年をとったのと同じレベルだとも言われています。

これから、精子の質を高めて、妊娠させられる男性になっていってもらうには、

しっかり、あなたのご主人には質の高い睡眠をとっていただくことが決めてになります。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい