男性不妊!食に頼らない妻ができる男性の体質改善の方法とは? |

男性不妊!食に頼らない妻ができる男性の体質改善の方法とは?

男性不妊で…自分のことならどうにか頑張ればいいだろうけど、

自分以外だから困ってしまった。

いったいどうやったら夫の体質を改善できるかなと

思案してはネットで調べたり、指導やセミナーを受けて

食の改善に突き進んではいませんか?

不妊は食で治るとか、妊活は腸からという言葉に

振り回されすぎるとかえって、

夫婦仲の悪化・楽しくない日々の食事・栄養偏りなどから

さらに不妊体質になってしまいかねません。

食だけに頼らない妊娠しやすさを作り上げていく必要性があります。

 

男性不妊の体質改善で必要な事とは?

妊娠できるように変えたいのであれば、

一番は、女性が男性の性機能を高められるように関わることが最善といえます。

いろいろ頑張ってきたけれど、妊娠しないから、

食を変えればいいのかなと思われるかもしれませんが、

食を変えてもさほど男性の性機能自体は変化してはいきません。

男性の精子は射精回数が多ければ多いほど運動率がよく、奇形率がへり、精子の寿命そのものも

延びるようになります。でも排卵期のみのセックスで、あとはなし。

性的なスキンシップも、性欲もないという男性も不妊期間を経て増えていきます。

実際に、健康的な食事に変えただけでは不妊治療の成績に大きな変化が

出たわけではないという研究結果もあります。

さらに、食を変えるといっても、

最近の傾向として、かなり間違った食事の指導がまん延していることが

かえって男性ホルモンのバランスを崩してしまうような内容ばかりです。

私たち人間は男性も女性もホルモンの影響を受けます。

間違った食生活をしていたら逆に危険で、かえって不妊になるばかりです。

 

男性の性機能を高めるためには?

男性の性機能を高めるには、

男性であることへの肯定感を高めるメンタル的なアプローチは

もちろんですが、やはり性的なかかわりがしっかりできるという事が大切です。

夫は仕事が忙しくて、したくても疲れてしまって無理

また年齢的に体力も不足してしまっていて・・・

そう思われて夫婦性生活が少なくなっている原因と考えがちですが、

男性であることに肯定感が高く、ゆとりがあって自信がある方は、

例え仕事をたくさんしていても、疲れていても、性欲は高いです。

また、たとえ疲れていても抱きたいと思わせることができる

女性としての魅力を身につける事にエネルギーを注ぐことこそ重要となります。

 

女性としての魅力のバロメーター

女性としての魅力っていったい?と思われるかもしれませんが、

女性としての魅力となるものはいっぱいありますが、

特にバロメーターであり、基本になるものをお伝えしておきます。

 

とにかく笑顔でいることです。

 

笑顔でいることよりも、怒っていたりイライラしたり、

泣いてばかり、落ち込んでいたり、不安そう、表情が硬いという事が多いほど、

魅力は激減です。

また、

顔ではどれだけ笑顔でいても、口で言っていることが

お小言、怒鳴る、愚痴、嫌味、悪口、などでは、

さらに魅力はなくなります。

 

まとめ

食でできる体質改善の部分ももちろんあります。

ただ、栄養状態に偏りがあったり、不足があれば整えるということも必要です。

ただ、食事というのは、あくまでも妊娠しやすい状態をつくるための

1部分でしかないないという事です。

「食で妊娠」という事に突き進みすぎると、

本当は楽しむための食事は、負担でしかないものに変わり、

夫の性機能を高めることなく、夫婦の衝突を生むだけになってしまいます。

食事は適度にバランスがとれていれば十分です。

男性の性機能を高めるためにできる事にエネルギーを注ぎましょう。

 

 

 

妊活セミナーでも、男性の性機能の高め方、

ホルモンバランスの整え方についてなどもお伝えしていきます

エネルギーのそそぎ方を間違えるといつまでも悩み続けなくてはならず、

残念な結果になってしまいますものね。

ママになるための切符を手に入れてくださいね~!

 

妊活セミナーの詳細はこちら

banner_big_49

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい