愛あるキスの効果が妊活女性の妊娠したいを叶える 

愛あるキスの効果が妊活女性の妊娠したいを叶える

不仲夫婦寝る

キス。

新婚の頃はともかく、最近はボディータッチすら減って、

気づけば喧嘩ばかりになっていた・・・そんなことはないですか?

キスには健康的で妊娠しやすい体と心を作り上げていく驚くべき効果があります。

愛ある、熱いキスをして妊娠を引き寄せませんか?

 

妊娠したいを叶える キスの驚くべき効果

ハートを手に持っている

キスには精神安定の効果

キスにはストレスホルモンであるコルチゾールを抑制する効果が

あると言われています。

ストレス緩和によいセロトニンの分泌を高め、

一方でコルチゾールを抑制し

心を穏やかに安定させてくれる効果があります。

信頼感が強まったり、幸せだなぁって感じて心が温まっていきます。

 

キスには免疫力を高める効果が

キスでは、バクテリアの行き来があり、お互いに補完し合う事で

免疫力が高まります。

恐妻家の夫は5年から10年寿命が短く、キスをたくさんする

家庭ほど平均寿命が5年ほど伸びる統計があります。

キスがある家庭は円満であるといえますね。

 

キスで女性ホルモンエストロゲンが分泌される

エストロゲンは別名 美容ホルモンと呼ばれ、肌がキレイになったり

髪が艶々したり、くびれや女性らしいボディラインを作って

男性を引き付けるようになります。

そんなエストロゲンがキスによって分泌が促されます。

 

キスには鎮痛効果もある

妊活中のこころの痛みも、体の苦痛も

キスによる鎮痛効果で癒していきませんか?

キスすると脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンが分泌されるようになります。

エンドルフィンにはモルヒネの10倍の鎮痛効果があると言われています。

心と体の痛みをおさえて、妊娠できる体に近づいていきましょう。

愛あるキスから妊娠がぐっと近づいてきます。

 

心がときめくキスのシチュエーション

カウンセリングをいてると、もうどうやってキスをしたらよいのかもわからなくなってしまいました。

妊活に没頭しすぎて、タイミングを合わせてセックスしようとすることばかりで

頭がいっぱいになっていて、ときめくようなキスや二人がムードのある中見つめ合うというのは

忘れてしまうくらいになっているなんてお話しされる方もいます。

仲良し夫婦で日頃からキスやハグがある方はいます。

一方では、子どもは欲しいけれど、キスすることも、もう難しいと

相手と性的なスキンシップやキュンキュンするようなキスをする事に悩まれている女性もいます。

 

性的なスキンシップへのムードつくりの1つにキスがあります。

男性も女性も性欲を失ってくると、性を感じるようなキスや、性を感じさせるスキンシップは

減ってきてしまいます。まずは恋愛をしていた頃のようなトキメキも

セックスフルになっていくには取り戻したい感覚の1つとも言えるでしょう。

 

女性の憧れるキスシチュエーション

女性が憧れるキスのシチュエーションは、ふとした時2人で見つめ合った時に自然と、

2人きりの心落ち着けるときに、夜に二人っきりの時、不意に男性からされるキス、

そんなシチュエーションに女性はキスで心ときめくようです。

 

一番女性がキスに求めるのが、心地よい空間や雰囲気の中、二人きりになった時

というのがポイントになりそうです。

日々の生活や妊活で頭の中が子供が欲しい~といっぱいになってしまうと、

2人きり穏やかに見つめ合うという事もついついなくなっていきがちで、

相手の顔をいれば、妊娠のためにもっと協力してほしい、もっと性欲出してほしい、など

相手へ求める欲求や不満で満ちてしまうかもしれません。

穏やかに、夫である男性パートナーにも見つめてもらえるよう、相手を穏やかに見つめていくことを

意識していきましょう。

そんな先に自分も満足できるときめけるキスが待っているのかもしれません。

また、女性は男性から不意にされるキスにも心ときめくようです。男性から不意にキスしてもらえるように

していくためには男性がどんなキスへのあこがれを持っているかをみていきましょう。

 

参考サイト

女子たちの「理想のキス」のシチュエーションは?https://cancam.jp/archives/556301

 

男性が憧れるキスシチュエーション

次に男性がどんな時にキスをしたくなるのか男性はどんなところにキスへのあこがれを持っているかを

みていきましょう。

男性は本能的にキスしたいという衝動に掻き立てられるように男性はキスをしたくなったりします。

その時の欲は、征服欲や守ってあげたい頼られたいという欲です。

 

そのため、ちょっぴり落ち込んだときとか、少し弱った時、甘えられた時、

他にも女性の魅力的な容姿によってキスしたいという本能にかられるようですよ。

結婚してから随分一緒にいる時間が長くなると、ついついお母さんのように世話を焼き、

男性に頼るというよりは、自分が何とかしないとと頑張りすぎて私は頼らなくても大丈夫だし、

甘えるってこともしないという自立タイプの女性は男性からすると、

守ってあげたい、頼られているという気持ちになりにくくキスしたいという気持ちも減ってしまうかもしれません。

 

また、徐々に、女性的な容姿づくりに意味を感じられなくなっていき、

夫の前でオシャレをしなくなった、化粧もあまりしない、女性らしさの象徴でもある

くびれたウエストなどを強調していくどころか、たるんできたお腹をひたすら隠すようになってはいませんか?

結婚していればいつまでも夫から、女性として魅力を感じ続けてくれるわけではなく

夫から魅力的だと思ってもらえるようにメンテナンスし続けている女性がその女性らしさに

男性がひきつけられていくことでしょう。

女性らしいくびれたウエストやふくらみのあるお尻、艶があってふっくらした唇

によって男性からキスしたいと思ってもらえるようにしていきましょう。

思わずキスしたいと思ってもらえる唇になっているかもチェックしておきましょう。

 

参考サイト

キスのシチュエーションおすすめ7選!男性の憧れはこれ!https://lovely-media.jp/posts/317

 

まとめ

妊娠しやすくするには、セックスレスを解消していくことも大切でしょう。

そんなセックスにつながっていく、コミュニケーションの1つであるキス。

心がときめくような、本能的で衝動的に求めあえるようなキス、

キスの効果でさらに心の安定や、女性ホルモン分泌を増やしていきましょう。

ついついお小言をいい世話ばかりやく母親的な存在的ではなく、

時にはか弱く、時には甘え、夫をたより、夫をたてられる女性に男性は

キスしたい!という欲求をもってくれそうです。

女性らしさ磨きとともに、妊娠しやすくしていくには、心と体の健康づくりも欠かさず行っていきましょう。

卵子と精子が受精後、しっかりと受精卵が着床し定着できるように体質を改善していくこと。

 

あなたは不妊体質でない自信がありますか?

冷えがきになる、不妊体質化もと不安でしたら、こちらもチェックしてみましょう。

冷え撃退!妊娠しやすい体つくり 血行促進でぽかぽかスムーズがカギ

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい