子宮内膜症の原因と自分でできる対処法について |

子宮内膜症の原因と自分でできる対処法について

不妊の原因の1つとなってしまう子宮内膜症。

子宮内膜症となる原因と妊娠しにくくなってしまっている

子宮内膜症とどのように付き合って自分で対処するセルフケアを

行っていくかがポイントになっていきますので、

その部分を見ていきたいと思います。

 

子宮内膜症とは…

子宮内膜症は子宮の内膜以外のところに子宮内膜ができてしまう

女性特有の病気の人るであり、妊娠しにくい原因を作ってしまいます。

子宮内膜は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンなどの

作用によって膜が作られてそれが育ったら剥がれ落ちて出血するという

ことを繰り返します。

これが子宮内で起きるのが女性が赤ちゃんのベッドをふかふかにつくり、

妊娠しなければそれが剥がれ落ちてとそれを繰り返すことで、

その場所で炎症がおこったり、その周囲と癒着がおきてきた理、ひどいケースだと

変形してしまうという事も起こしてしまいます。

こういった子宮内膜症ですが、これが卵巣でおきるとチョコレート嚢胞となります。

出血した血がうまく吸収しきれずに残ってしまうと、

徐々にたまってしまった血液が古いチョコレートのような茶色いドロドロに

なってしまうのでそう呼ばれています。

これらのメカニズムはシンプルなのですが、及ぼす影響や引き起こしてくる

原因はかなり複雑ではっきりしてはいません。

 

子宮内膜症の原因

ただ、1つの説として言われているのが

血液の逆流というものです。

この血液の逆流がおきるメカニズムについても解明されているわけでは

ありませんが、ある有力な説の1つに

自立神経の働きと筋肉の収縮と血流への影響があります。

筋肉は交感神経がはたらくと緊張し、血管を収縮して血の流れが

悪くなります。ただ、子宮は特殊な臓器で、交感神経が優位になると

逆に血管をゆるませます。

赤ちゃんを産むための子宮はストレスなどを受けて交感神経が

優位になってすぐに収縮してしまっては赤ちゃんをお腹の中で

育て上げられないからです。

そのため、ストレスがかかったり、自律神経が乱れる女性は

血液の逆流が子宮内でおこりやすくなります。

 

子宮内膜症と不妊との関係

子宮内膜症によって起きる不妊への影響はさまざま考えられ

また程度も場所によっても違ってくるので複雑だといえます。

内膜症によって繰り返される炎症によって、

癒着をおこしたり、子宮や卵巣、卵管の位置なども変えてしまったり、

卵管の中の通りが悪くなる、閉塞させてしまうといったこともおきます。

卵巣の癒着が排卵障害を招いたりというようなケースもあります。

炎症がおこると、その炎症物質の影響によって着床しづらくなったり、

卵子や胚の質が低下したり、免疫反応にも影響がでて、

精子の運動性能や卵管の働きが弱まったりというような変化になるものもあります。

 

 

子宮内膜症の自分でできる対処法とポイントとは

子宮内膜症への対処は一番は妊娠することだといわれています。

子宮内膜症事態の医学的な治療というのは確立されていませんので、

自分でできるケアをしていってあげることがポイントになります。

子宮内膜症をおこしてくる血液の逆流を防いであげて、

よい血液循環ができるように自律神経を整えてあげる事。

炎症反応が悪化しないように整えてあげる事です。

そのために、自律神経を整え、炎症反応を沈めてくれる

メンタルトレーニングが効果的となります。

カウンセリングをしてきて思う事に、子宮内膜症等なくても、

中々不妊治療をしていても成果が出ない、特に原因がないのに妊娠しないといって

悩まれる方も多いのですが、みなさん自律神経が乱れて、

一生懸命になったり、イライラしたり落ち込んだりと精神的にも不安定です。

 

心の状態は自律神経のバランスに直結しています。

そこから整えられる女性になって、妊娠をつかんでいきましょう。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい