妊活ツラい、疲れた苦しい そこから抜け出して妊娠するには |

妊活ツラい、疲れた苦しい そこから抜け出して妊娠するには

妊活落胆する女性

今の妊活がつらいという気持ち。苦しい気持ち。もう疲れてしまった。

そう抱えて悩んでいる方はあなただけではありません。

不妊のつらさは多くの女性が強く感じ、さらに不妊治療に進んだらその度合いは

より強まる傾向があります。

不妊うつ。なんて言葉があるくらい、精神的につらさが多くのしかかる悩みでもあります。

こんなつらい、苦しい期間はできるだけ早く終わらせたい、トンネルから抜け出したいと

みなさん思っています。妊娠できるようにしていくにはどんなことが大切か見ていきましょう。

 

不妊でつらいのに頑張りすぎていませんか?

今まで、赤ちゃんが欲しくていっぱい頑張りすぎてきませんでしたか?

いっぱい、自分の記録をつけて、神経質なくらいに排卵日を気にして、

食べるもの、妊娠するためにはこれをしないと、

栄養も足りていなさそうだからサプリで補わないと、

ヨガにも通わないと、嫌だけど、運動はしないと、

赤ちゃんのために、義務的だけどセックスはしないと、

治療にも耐えないと、痛い事にも耐えないと、親からのプレッシャーに耐えないと、

周囲からの言葉に傷つかないようにしないと、

 

そう思ってひたすらに、やってきませんでしたか?

嫌な事でも絶えないと、無理もしないと、頑張っていないと、

赤ちゃんって授からないんだと思い込んでいませんか?

 

不妊でつらい 結果が出ないストレスが妊娠しにくい悪循環

妊活に疲れてしまうのは、どんどんつらくなってしまうのは、

嫌になってしまうのに、頑張っているのに、結果が出ないからでしょう。

頑張れば頑張るほど、体の中で起きる反応は、

交感神経は優位になり筋肉は緊張し、血流も障害されやすくなります。

また、精神的にはその成果が合わられない事で不安にもなるし、焦りもするようになります。

過度にストレスがかかり始めると、感情的になりやすく、冷静に考えるよりは

負の感情に振り回されるようになってしまい、気持ちの切り替えが難しく、

落ち込みが大きく、立て直ししにくくなります。

負の感情を長く抱え込みやすくなってしまい、

ストレスフルになってしまうのです。

ストレスは、体の中で過剰に反応が起きると、不健康になるような働きに変わってしまいます。

コルチゾールなどストレスホルモンも出ますし、活性酸素も多く生まれ

体は酸化し劣化してしまいますし、細胞自体ダメージを受けて生殖に影響がでます。

ストレスを抱える人ほど不妊になりやすく、妊娠までの期間が長くなるという

研究報告も多々あります。

精神と肉体はつながり合うからですね。

 

妊活はつらいもの? ネガティブなイメージとストレス

でも、妊活って、本来ツラい事なのでしょうか?

大事にしあう夫婦がお互いを想い会い、愛情いっぱい日々を過ごす。

そして、夫婦のコミュニケーションの一つから、かわいい赤ちゃんを授かる、

その過程が苦しい・・・ってもったいないですよね。

 

妊活が苦しいというのは、赤ちゃんが会いにくる過程が苦しいと言っているのと同じ。

なんだか赤ちゃんも喜んでママのもとに来るのをためらってしまいそう・・・。

 

 

心と体は密接につながって健康度に影響しあう

妊娠に心の状態が関係ないと思われている方は、

妊娠に関係するホルモンがどこが指令を出して、そのバランスをコントロールするのかを

もう一度考えてみて欲しいところがあります。

ホルモンの司令塔は脳にあります。ストレスを抱えていると、

この脳からの指令がうまく出なくなり、ホルモンバランスも乱れますし、

交感神経ばかりに優位になり、自律神経が乱れるようになります。

自律神経が乱れている方は、着床しにくさにもつながります。

赤ちゃんへんの栄養や酸素供給は血管から血液を介して行われています。

その血管を縮めたり緩める働きが神経にはあり、交感神経が優位な場合は

赤ちゃんへの血流が阻害されやすくなります。ママがタバコなどを吸う場合もそうですよね。

母親からあの影響を受けるのです。

心の不調と体の不調は相関関係にあるため、受精だけでなく、着床、そして妊娠の維持を考えると

心身共にいい状態を保てるような働きかけが必要になります。

 

心でおきること、マインド・思考・感情が

すべて身体に影響するのは、ポジティブ心理学などでも科学的にすでに証明されていることなのです。

 

つらい不妊から早くに妊娠という結果を出すには

 頑張りすぎない事も大事。頑張らなくてよいのです。

ちょっと体を休め、心にゆとりを作れるようにしていくことも考えて、活動と休息のバランスを考えてみましょう。

休息というのは、肉体的な休息は睡眠で、精神的な休息は瞑想などメンタルケアです。

車もエンジンだけではずっと走り続けられないですよね。

アクセルで調整しながら、止まったり、走りだしたり。

 

妊活でも必要な事です。ずっと頑張っていると、心も疲れ切ってしまいます。

また、不安や焦りも禁物。でも、

精神的に不安定になっているときには不安や焦り、つらいと思う気持ちを

うまくは切り替えられないほどになってしまっているものです。

まずは、つらくて苦しい気持ちでいっぱいだったら、心のケアからし始めてあげましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい