40歳で妊娠できる?妊娠確率・リスク・出産の可能性 |

40歳で妊娠できる?妊娠確率・リスク・出産の可能性

40代で妊娠出産するには、どんなリスクと可能性があるのでしょうか。

40代での妊娠確率、体外受精での妊娠確率、流産率、出生の確率を見ていきましょう。

そして、高齢出産に伴うリスクをふまえ、

無事妊娠・出産まで順調にいくために必要な点をお伝えしていきます。

 

40代の妊娠率

40歳以上での妊娠の確率を見ていきましょう。

【自然妊娠】

40歳 自然妊娠での妊娠確率 10%

45歳 自然妊娠での妊娠確率 5%未満

何度でも継続しトライできる方法であり、積み重ねることによって1周期の妊娠率は

低くても、1年で見た時には40代でも充分妊娠率は高かめることが可能になります。

 

【体外受精】

40歳 体外受精 凍結胚移植で8%程度

45歳 体外受精 凍結胚移植で 2%

こちらは医療機関ごとの違いや、技術などの違いもあります。

しかし、決して高い値とは言えません。

回数や継続できる状況を考えますと、40代では妊娠率が高まっていくのは

自然妊娠に軍配が上がるといえそうですね。

治療だけに頼り切らず、レスの改善、排卵期以外の性生活を

大切にし続ける姿勢は忘れないようにしましょう。

 

 

妊娠後の流産率

妊娠できたからと言って、必ず無事出産まで行かれるかというと

そうではありません。40代では妊娠しにくかった場合、さらに不育症や

流産で悩む方が少なくありません。

受精が成功しても着床する確率はその半分以下となります。

そして、着床後妊娠継続する確率はなんと、10〜20%となります。

受精はできても、妊娠までたどり着くこともかなり低くなってしまいます。

40代での流産率を見てみましょう。

 

40歳での 流産率 40%

45歳での 流産率 50%

 

卵子自体の老化は、流産率とも密接に関係してきます。

加齢・老化による卵子の染色体異常や卵子そのものの生命力の低下が原因となります。

(その他には精子の異常や遺伝子因子要因があります)

 

体外受精を行って、胚盤胞を移植しても着床し、妊娠を維持できないのは、

妊娠を維持できる母体の体の環境が整っていないという事もあります。

やっと授かれたとしても、その後無事育っていってくれるのか、

流産を乗り越えられるのかという課題も持ち合わせる可能性が

高いことも心構えとして必要になりますね。

 

 

40歳で妊娠・出産するリスク

40歳以上の高齢妊娠・出産では、リスクも伴います。

赤ちゃんを望む際にリスクばかり考えると不安にもなってしまうので、

神経質になりすぎるのもよくはないので、

そういう事もあるのかなぁという知識程度に知っておきましょう。

 

【先天異常・ダウン症】

35歳以上になると、先天異常の発症率が高くなります。

ある調査では25~29歳で1.88%、35~39歳では2.02%、40歳以上では2.38%の確率です。

特に、加齢が影響しやすいのは、先天異常の中でも染色体異常(ダウン症など)です。

 

 

【妊娠高血圧症候群】

高齢出産には“妊娠高血圧症候群”というリスクもあります。

妊娠高血圧症候群は、むくみ、蛋白尿、高血圧などいずれか1つの症状が出現したものです。

中でも高血圧には特に注意が必要です。

高齢出産の場合、高血圧になる可能性は20代の1.8倍とされています。

加齢による内臓機能の低下、さらに妊娠という生体の変化・体重の変化などが起こるのですから、

妊娠高血圧症候群が増えてしまいます。

妊娠高血圧症候群を防ぐには、早期発見および食事・栄養指導や体重管理が大切です。

 

 

【常位胎盤早期剥離の発生率が高まる】

常位胎盤早期剥離とは、赤ちゃんとママとをつなぐ胎盤が、妊娠中に子宮からはがれてしまうことです。

発生率は、妊婦全体の1%程度と低いものの、母子の命にもかかわります。

判明した場合には緊急に帝王切開などの処置が行われます。

常位胎盤早期剥離は、事故などで腹部へ強い衝撃が加わったときに起こることもありますが、

妊娠高血圧症候群や子宮筋腫なども一因となります。

 

【帝王切開】

妊娠の経過や分娩の経過に合わせて必要に応じて帝王切開になります。

正常分娩で出産できることは、母子ともにメリットがあります。

高齢でかつ初産の場合、産道や子宮口が硬いために、難産になりやすいといわれています。

年齢が高いと、お産に耐えられる体力も低下するので、帝王切開になる確率が高くなります。

危険が伴う場合は、帝王切開に切り替わります。

 

【産後の回復が悪い】

年齢が上がるとともに、難産のリスクは高まります。

また、一般的には、年齢が上がると体力も落ちるので、高齢出産では、産後の回復が遅い傾向にあります。

産後のホルモンバランスの変化や体調の戻りが子育てにも大きく影響してきます。

 

 

40歳以上での妊娠・出産まで順調に進むために必要な事

不妊治療にたよって、痛い思いをして、治療費を負担して頑張って働き続けても

その確率の低さに愕然とされてしまうでしょう。

いい卵子が採卵できない、採卵しても着床しない。

胚盤胞にまで育つことができない、着床できたと思ったら流産してしまったりと、

プレッシャーと焦りでおしつぶされてしまいそうになります。

それでも、それが希望・絶対に妊娠したい。

その気持ちは大切ですし、その思いがなければ、妊活を続けることもできません。

 

40歳以上で妊娠され、その後もスムーズに出産まで行かれるように

取り組んだ中に、特に女性の体を整えるという点で重要視したのは、

心の状態をよくすることで影響する自律神経への影響を整える事です。

そうすることによって、血液循環をよくし、質の高い睡眠をとれるようにし、

細胞を劣化させないように修復してあげる事も必要です。

 

栄養バランスがとれた食事

40代では卵巣機能の低下がみられ、女性ホルモンの分泌も低下しやすくなってきます。

ホルモンの素となるたんぱく質などをはじめ、体の中で

健康的な体をつくるためには欠かせないミネラルやビタミンなどをバランスよく摂取

するようにしていきましょう。

 

質の高い睡眠

中々寝付けない、夜中に目が覚めるといった睡眠障害などもあわせもちやすくなり

スッキリしない、疲れがとれないといった症状を持ちやすくなります。

睡眠の質が悪いほど、体の修復がうまくいかないため、生殖器官の機能も低下し

卵子細胞も劣化しがちになります。

仕事と妊活とのバランスを保ち、神経質になりすぎず、睡眠の質を高めていきましょう。

 

ストレス

不妊期間が長く続くこと、年齢的な焦る気持ちと不安も増大し、

妊娠しにくくなっているうえに流産率も高まる事から、

妊娠にまつわるストレスももっとも高くなってくるのが40代です。

ストレスにさらされることが、受精や着床には影響がでてくるため、

落ちついて肩の力を抜けるようメンタル面からのケアも必要になります。

 

性生活

性生活の回数が多いほど、妊娠率は高まります。目安としては週2回以上といわれています。

ただ、不妊で悩むご夫婦で、妊活期間が長く不妊治療へステップアップしていったご夫婦ほど

男性の性欲の低下、夫婦間の性生活の回数の減少が目立ちます。

義務的なセックス、男性パートナーの性機能障害も妊娠率を低下させてしまう要因です。

そして、40代では、自然妊娠への可能性を高めるよう

夫婦の性生活の見直しもかなり重要といえます。

 

まとめ

40歳・40代での妊娠、そして流産せずに出産までたどり着くには、

妊活重視の、卵子と精子をくっつけるという方向性だけでは難しいといえます。

夫婦として男女の関係である性生活を充実させ、基本的な食事・睡眠・ストレスケア

を心がけ、妊娠と隣り合わせにある流産、不育、出産のリスクなども上手に回避して

ことがポイントになります。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい