夏でも冷え対策子宮をあたためないと??かなり危険な妊活 |

夏でも冷え対策子宮をあたためないと??かなり危険な妊活

妊娠しないのは何で?冷えているから?

冷えは子宮に悪影響。赤ちゃんができにくくなっちゃうと

言われてきたことでしょう。

 

赤ちゃんができない理由を冷えとして捉えて極端に

冷え対策や温活を始めてしまうとかえって危険です。

特に暑い夏にも靴下を重ねてはき、暑いのに腹巻をして汗をかいて

夏野菜は食べないように、また生野菜も食べないようにと

なってはいませんか?

 

子宮は冷えてはいません

女性の体は男性と比べても筋肉量がすくないので、

生み出す熱の量そのものが少なく、またポンプで血液を

うまく循環させきれないというのはあります。

そのため、手足が冷える冷え性の女性は多いですが、

重要な臓器をはじめ子宮が冷えるということはほとんどありません。

骨盤の中にはかなり太い血管が通っていて、

多少手足やお腹が冷えた程度では温度が下がらないようになっています。

 

なので、妊娠しない理由を子宮が冷えているからだと

捉えてあたためる事ばかり必死になるととても危険です。

もともと体温をはじめ体のなかの生理的な変化はある一定に保たれるように

管理されています。

それがホメオスタシスという恒常性維持機能です。

意図的にあたためようとすると、

かえってある一定に保とうと働くので、

体の中では逆に冷やそうというメカニズムが働いてしまいます。

 

暑い時期にあたため続けると

暑い時期は、着るものを調整したりもしますし、

体の中では自律神経がはたらいて

汗をかいて体温を正常に維持しようと働くものですが、

冷えているとばかりにあたためすぎていると

自律神経がバランスを崩してしまいます。

かえって妊娠しにくい状態になってしまいます。

また夏には熱中症になったりといったリスクも高まります。

 

自分が妊娠できないのを冷えが原因だと思って

あたためることに必死になりすぎたり、

冷え対策に必死になってしまうとかえって妊娠しにくい体になってしまいます。

 

自律神経もホルモンバランスも、免疫バランスもよく

心と体が健康的である事が妊娠しやすい状態となるわけです。

暑いのに、汗をかいてほっとドリンク

冷房が効きすぎている場所では適度に羽織るといった冷え対策は有効でしょうが、

汗をかいているのに腹巻をするのはやめましょう。

 

動画からも説明しています

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい