冷えが改善しない理由と妊娠につながる正しい冷え対策方法 |

冷えが改善しない理由と妊娠につながる正しい冷え対策方法

性にとって冷え性というのは、血行が悪くなり、様々な機関や自律神経へ悪影響を及ぼし

複雑に関係しながら妊娠しにくい体質を作り出しては行きますが、

あなたはその根本的な冷え性の克服法はご存知ですか?

 

よくある冷え対策

靴下の重ね履きや、

ショウガなどあたためる食事をとるとか、

お風呂で半身浴をするとか、

ツボ刺激をして

物理的にあたためたり、血行を促進させて改善するといったさまざまな方法がありますが、

せっかく試してみても効果があまりなく

すぐまた冷えてしまうとお悩みではないでしょうか?

冷え性の改善はそのメカニズムを知る事で変わってきます。

 

 

 

冷え性のメカニズム

冷え性のメカニズムを知れば、一時的な改善ではなく、

根本的に解決したい場合はもっと別な事をする必要がある

という事がわかっていただけるはずです。

冷え性の改善は、こういった方法では対症療法にはなっても解決しないんですね。

 

そもそも冷え性のメカニズム

冷え性は外の空気が冷えて、それに伴って体温が奪われるのではないのです。

「寒いから冷え性になるのではないのです」

冷え性の人は春でも夏でも手先足先が冷えています。

「冷え性は体から熱を奪われないように守るために先端の血流を止めてしまう

そのために起きてきます。

この働きには、

脳の働きが大きくかかわってきます。

 

 

気温や室温が低いところにいると、冷たい外気によって熱が奪われていきます。

人の体には、体温を一定に保つように

ホメオスタシスという生体の恒常性維持機能が働いて

体温を一定に保とうとして働きます。

このホメオスタシスは脳が司っています。

私たちの体は気温が上がると体温を一定に保とうと汗をかき体温を下げます。

一方で気温が下がると、筋肉から熱を生み出して体温を維持しようとしてきます。

冷え性の場合、このホメオスタシスの機能が四六時中作用してしまっている状態なのです。

運動不足などでその人の体の血流が悪い場合は、

体をあたためていなければ生命活動に支障が出てしまうと

脳が判断して自律神経を司る視床下部が、

心臓と脳をあたためるために心臓と脳から遠い部分、

手足の末端の血流を停めるという指令を出してしまうのです。

冷え性をおこす原因を解決することが冷え性改善の本当の解決策となっていきます。

 

 

どうしたら根本的に解決していくのか

では、いったいどうすることが改善策になるのかというと、

生命活動の維持に支障がない位、熱がたりていると脳が判断できればいいのです。

 

なので、日頃からの定期的な運動不足を解消することや

体に一定量の筋力をつけて熱を生み出せる状態をつくり

脳が熱が充分に足りていると判断してくれる状態を創り上げるしかありません。

 

なので、筋肉量がもともと男性と比べて少ない女性に冷えは多いと言えます。

aruku

運動といっても、激しい運動は一切不要です。

運動と言っても全身の血流を良くする程度の軽い運動で充分なのです。

具体的にはどんな方法がいいかといえば、

息が上がらない程度のはやさの15分~30分程度ウォーキングや

気功師の張永祥さんが伝授している気功法で、

プルプル体操があります。

日本医科大学や東京工業大学に客員研究員とまねかれている方です。

 

 

いろいろしても効果がなかったら・・・

どんなにお風呂に入っても、

一時的に足裏マッサージをしても、ショウガをとっても

根本的に脳が指令を出して血流をとめてしまっているのですから、

このような方法で脳からの指令を改善することは難しい事が

お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

血の巡りをよくしたいあなたへ

自然妊娠にこだわるなら 冷えを改善する3つの習慣で体質改善

エクササイズで血行を改善したいあなたへ

自然妊娠にこだわるなら カラダをほぐす3つのエクササイズで体質改善

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい