自律神経の冷えに効果的!妊娠できるよう、ぽっかぽか子宮瞑想 |

自律神経の冷えに効果的!妊娠できるよう、ぽっかぽか子宮瞑想

妊娠に冷えはよくない。

そう聞いて、自分が妊娠できない原因を冷えのせいだと思っていませんか?

冷え対策も間違えるとかえって不妊の原因になるものです。

 

手足はすぐ冷えてしまう。お風呂のあともすぐに冷たくなってしまう。

冬は寝るときも靴下やレッグウォーマーがてばなせなかったり。

ますます不安になってしまうのではないでしょうか。

 

一般的な温活をしてきた方は多いと思いますが、妊娠できずに

いませんか?

なので、妊娠しやすくなる温活をしていきましょう。

 

 

 

人の体は、ある一定の体温に保たれる

私たち体の体温は脳の中枢で調整されていて、

体の中の子宮だけが冷えるという事は、おこりません。

ただ、大事な臓器に十分な血流が足りていないと、

脳が判断すると、抹消の手足の血流を少なくして、

心臓や内臓、脳への血流循環を維持したくなるので

手足が冷えるという冷え症という状態を作るようにします。

でも、大事な臓器には血液が行くように頑張ってくれている状態です。

骨盤の中は思った以上に高い温度で調整されています。

表面体温では36度程度であっても、深部体温はもっと高いのが人の体の中です。

なので、一生懸命、子宮を温めなくては!!

そう思って、外から一生懸命あたためていても、逆に

冷え性って改善していなくはないですか?

 

 

不妊マインドが冷えを誘う

まず、冷え性だからと言って、

子宮自体が冷えているってことは、ありえません。

ただ、妊娠しやすくするには体の血行を良くしてあげることは大切です。

血行が悪くなっているので

そこを改善してあげることがとっても大事ということは言えます。

筋肉の収縮、血管の収縮によって、血流量はコントロールされます。

不安や、恐れ、焦り、緊張、イライラ、劣等感、不満こういった

メンタルの時は交感神経が優位になって

体の中の筋肉や血管は収縮します。

自律神経は、リラックス状態を作ることで、

副交感神経を優位にしてあげて、

いつもこの交感神経と副交感神経がうまく切り替わるように

してあげる必要性があるのですが、

不妊で悩む場合、不妊マインドで、

常にネガティブモードになっているため血行が悪くなってしまいます。

 

一生懸命あたためて温活しているつもりでも、

神経や筋肉を通じて、不妊マインドで

体中の血行を悪くしてしまってはいませんか?

 

ぽっかぽか子宮 妊娠瞑想

冷え性の場合は、脳からの指令に誤作動が起きている状態です。

特に抹消の血液循環が悪くなっているので、

自律神経を整えながら、手足の循環をよくできる

意外だと思われるかもしれませんが、瞑想が効果的です。

 

子宮だけを温めてきたかた、自律神経を整える温活に変えていきましょう。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい