妊娠につながるための冷えを改善する3つの習慣 |

妊娠につながるための冷えを改善する3つの習慣

不妊治療へ進むよりは自然妊娠という形で

赤ちゃんを授かりたい。そう思われるのは、もっともです。

不妊治療では多くのご夫婦が、

タイミング法で妊娠できるようになっていきますし、

 

それでも授からない場合、

人工授精、体外受精、顕微授精とステップアップしますが、

妊娠にいたる割合が低い点と、その後出産まで行かれる割合が低いのです。

 

 

できれば自分の体質を改善して

ホルモンバランスも、メンタルバランスも整えて

憧れの自然妊娠ママになりたいですよね。

 

そこで、冷えを改善する3つの習慣で血の巡りを良くして、

生殖器である卵巣や子宮の機能を高めましょう。

また、血行が良くなることで女性ホルモンのバランスも整うように

なっていきます。ホルモンは血液によって運ばれるものです。

なので、冷えがあっても、血行を良くする習慣があるだけでも

妊娠しやすい体内環境に変わっていきます。

 

冷えを改善していくあったか3つの習慣

 

1 シャワーだけで済まさず、お風呂に入る

01nyuuyoku

シャワーだけでは、

体全体をあたためる事ができません。

 

通常、人の体は、38度以上になると免疫力が

活性化してきます。全身の血流もよくなり、

機関の機能も向上します。

妊活中は、シャワーで済ませるのではなく、

40度近いちょっと熱めのお風呂に数分入る

習慣でカラダをポカポカあたためましょう。

 

2 風邪を引いた時に薬に頼らない

0kusuri

 

頭痛で、いたい時にはつい、

鎮痛剤に手のびたり、

風邪を引いたら解熱剤をたよったり。

日々の生活において薬に頼る事が増えては

いませんか?

 

薬には作用と副作用があり、

熱を下げたりする作用には同時に

免疫力を下げてしまう副作用もあり、

免疫力が下がっていては細胞は活性化してきません

 

1度下げるごとに30%も免疫力は下がっていきます。

薬に頼りすぎない習慣を心掛けましょう。

 

 

3 カラダをあたためる水分の取り方習慣

01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_m

 

水分はとり方によっては、

かえって体を冷やすようになってしまいます。

 

体を温めるには、腎臓からの尿の出を良くする

ことが大切です。

腎臓を流れる血の量を増やすことで、

尿も作られて排出できるようになります。

 

なので、尿の出を良くするには

ある程度は水分をとらなくてはかえって

よくなりません。

 

しかし、ペットボトルで昼間から冷たいのみものを

飲んでいてはカラダを冷やしてしまいます。

 

そこで、利尿効果が高い

紅茶やショウガ入りの紅茶、ハーブティーなどから

水分をとる習慣が体をあたためて冷えの改善になります。

 

 

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい