妊娠しやすい人の特徴冷えとり体の循環を良くする方法 |

妊娠しやすい人の特徴冷えとり体の循環を良くする方法

妊娠しやすい人は、体の循環がよいという特徴があります。

必要なものを細胞に届け、不必要になった老廃物を

排泄できるように、常に体の中の循環がスムーズになっています。

そのための体の循環を良くしていくための方法を

お伝えしていきます。

体の中の循環を良くして、不妊で悩む日々から抜け出していきましょう。

 

筋肉しっかり、ポンプの働きバッチリ!

筋肉は、ポンプの役割をしていて、

血液を流すのにとても役立ちます。

血の巡りをよくするために欠かせないのは、筋肉になります。

そのための栄養はタンパク質です。

タンパク質は、ホルモンや筋肉や血液のもととなります。

筋肉が多い場合代謝で熱が作られ、血流を良くしてくれるようになります。

冷えは不妊の敵ですね。

ホルモンなどの伝達物質は血液とともに運ばれるため、

血流がしっかりスムーズでなければ妊娠しやすくはなりません。

生殖機能を高めるには「高タンパク低炭水化物食」ふさわしいことが、

研究でも確かめられています。

 

その結果、生殖機能には「高たんぱく低炭水化物食」が、

生殖機能を高めるためには、ふさわしいので、

糖質などは控えめにして、

お肉やおさかなをはじめ、豆類、たまごなどを食事のメインのおかずとして

献立にどんどん取り入れていきましょう。

 

 

体液の流れをスムーズに体の中がキレイ

人の体の60%は水で構成されます。

それくらい体の割合を占める水、その水が循環し、きれいだと

体も整いやすくなります。

水は体そのものを構成しているだけでなく、栄養分の運搬や老廃物の排泄、

体温調節など、体にとってとても大切な働きをしています。

体内の水分量は常に一定に保たれている必要がありますが、

常にきれいな水を循環させることが大切で、

澱んでいては、体の中は汚れ、機能は低下します。

 

キレイな水分をためておくこともできないため、

代謝で生じた老廃物も、尿をはじめ汗や排泄などで体から出すめ、

その分、水分はこまめに補給することが大切でしょう。

仕事で忙しくても、合間にこまめに水分補給をしましょう。

そのため、排尿回数がすくない、便秘がちという方は、

細胞のなかの水の循環がとてもいい状態とはいえません。

水分をこまめにとって、排泄していく習慣を取り入れていきましょう。

忙しすぎて、水分をとることを控え、

トイレを我慢してしまうという方はかなり要注意です。

細胞の中の水分が澱んでしまいます。

 

 

冷えの改善 ぽっかぽか子宮つくりを!

卵巣の血流量が多ければ多いほど、卵胞の発育がよくなったり、

排卵誘発剤の効き目がよくなること、

子宮の血流量が多いほど、着床環境がよくなることは、

多くの文献によって報告されています。

妊娠しやすくするには血流が大きなカギを握っているといえます。

実際に血行を促進していく際のポイントになりますが、

筋肉をゆるめて、血管を広げてあげるという事、

副交感神経を優位に、

リラックスさせてあげることがとっても大切になっていきます。

リラックスとは、

いろいろな思考がない状態とも密接に関わっていきます。

考え事が多いほど、緊張して、体の中は冷え体質になるという事です。

なので、瞑想などを深めていくことがとても妊娠力あっぷにつながっていきます。

 

妊娠力をぐんぐん高めるカウンセリングについてはこちら

 

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい