着ぶくれ冷え症の妊活女性さん必見!内側からあたためる正しい温活 |

着ぶくれ冷え症の妊活女性さん必見!内側からあたためる正しい温活

冷え性さんにとってはつらい冬になってきました!

でも、冷えはよくないという言葉通りに、着ぶくれたり、

寝るときも靴下を履きっぱなしにしたり、

子宮のある下腹部のあたりをカイロなどであたためたりと、

間違ったあたため方をしていると、かえって妊娠しにくい体質を

作ってしまう事をご存知でしたか?

正しいあたため妊活にして、内側からあたためられるようになっていくと

ベビ待ち女性の体も子宮もとっても喜んでくれるようになりますよ

 

体をぽかぽかにあたためる基本

私たちの体は体温を上げたい筋肉から熱を生み出しだします。

私たちの体の体温調整の指令を出すところは脳にあり、

一定の体温を保てるようにしてくれいます。

寒いと筋肉から熱を生み出すように生理的な反応を起こし、

逆に暑い時は汗をかかせて発散させ体温を下げるように自律神経を介して

調整てくれています。

しかし、寒い季節だから、冷え性だからと、着ぶくれるまでぶくぶく

するまで着こんで、カイロやただあたためていても、

逆に体の機能はうまく働かなくなってしまい、

自律神経の働きがおかしくなってしまいます。

 

そのため、自然な形で内側から熱を産み出すようにあたためるような

温活にしていってあげることが妊娠しやすさにつながっていきます。

オシャレも、見た目も全く気にせず、くまさんのように着ぶくれて、

赤ちゃんが欲しい、子どもができないと、必死になっていても、

内側から輝く女性性という魅力は激減してしまいますね。

 

 

熱を産み出す筋肉を刺激する

筋肉は常にたくさんの熱を産み出してくれています。

そのため、筋肉を動かして刺激してあげる事をしていきましょう。

妊娠したいから、子宮をぽっかぽかにできたらいいなぁと思うかも

しれませんが、子宮だけを自然な形であたためるという事はできません。

そのため、体全体をあたためようとして下さい。

体の中には大きい筋肉群があります。

そういう筋肉を使った運動はとても効果的になります。

例えば、ヒップから太もも裏にかけての「ハムストリングス」は

骨盤を支えている筋肉でもあります。

そのため、歩幅を大きくしたウォーキングも効果的といえます。

 

熱を産み出す筋肉を作るには食事が大事

筋肉も、私たちが食べた食事から摂取した栄養がもとになって

作られています。

そのため、筋肉のもととなる栄養をしっかりと摂取おきたいところです。

主にタンパク質が、血や肉のもとになります。

肉、魚、卵、大豆製品など、何かに偏ることなく、バランスよく摂取していくことが大切です。

妊娠のために、肉が良くない、魚が良くない、乳製品もダメ、

そういう間違った栄養情報もたくさんありますが、

子どもの健康と成長を考える学校給食ではまんべんなく献立に入っていますので、

逆に誤った情報に翻弄されるとかえって冷え悪化という事になりかねません。

 

元気な卵子をめざすなら、体温調節の要は自律神経

まず、自律神経が整っていない事には体温調整もうまくいかなくなってしまいます。

自律神経を働きを乱してしまうものに、

心の状態というものが大きく影響します。

そのため不安や焦りといったもの、ネガティブな思考や感情を

うまく対処できるセルフコントロール能力は欠かせません。

自律神経が乱れている女性は体温調整もうまくいかなくなって

冷え症が悪化してしまいます。

ゆったりと、心穏やかな状態を作り上げていくことも自然な形で

体をいい状態にもっていくための1つのアプローチです。

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい