妊娠希望なら必見!子宮と卵巣の効果的なあたため方  |

妊娠希望なら必見!子宮と卵巣の効果的なあたため方 

冷えは妊娠したい女性にとってよくない、血流が悪いのは

女性ホルモンを乱し、着床しにくさにも影響するということは

ご存知かもしれません。

なので、冷え対策に一生懸命になってホッカイロでお腹周りを

温めたり、ぽかぽか温めるナプキンみたいなのものを使用される方も

いるかもしれませんが、直接物理的にあたためるのはかえってNGです。

そもそも太い動脈が通っている子宮周りが冷えるという事はありません。

ただ、血液の循環が悪く逆流がおこるという事はおきて、

トラブルのもとにはなってしまいます。

それを改善することが正しい意味で子宮や卵巣を血液がめぐって

ぽかぽかさせるという正しい効果的なあたためとなります。

 

血液の逆流を防ぎ循環を良くするポイント

冷えの改善は温める事だとばかりに、物理的にあたためることは

かえって冷えを招いてしまいます。

温めた後、かえって温めた部分が冷えるという体験,

冷えていたところが後で妙に火照ったりしたことがありませんか?

体は本来調整するための機能が備わっているので

温めた場合は、調整していつもの温度に下げようとして働くので

かえって冷えるようになります。

そのため、正しく血液循環を整えて卵巣や子宮をぽかぽかにさせたい

場合は、自律神経のバランスを整える事のほうが重要になります。

 

血液の流れは筋肉の収縮と弛緩とが関わります。

そして、その筋肉の動きには自律神経が関わってきます。

自律神経は バランスがとれていることが大事なのですが、

うまく切り替わらずにアンバランスになってしまっていることで

卵巣や子宮にトラブルをもたしてしまっているのです。

 

 

物理的にあたためようとするより、冷えから守る

暑くなる季節は、あつくても冷やさないようにしないとと

厚着してムリに靴下の重ね履きや腹巻、

何かで温めるという事はやめましょう。そして、冷房などが当たる場合は

掛物、羽織ものでガードしていきましょう。

夜寝苦しいなど、クーラーの風にあたっていると交感神経が働いて、

眠っている間もリラックスモードに入れなくなります。

できるだけ掛物を足先にはかかるようにして直接冷気が足先に当たらないように

眠るようにしていくといいですよ。

そして、副交感神経というリラックスモードに入るための取り組みを

日々の中に取り入れていきましょう。

体内リズムを整える事も有効ですし、

呼吸法や瞑想などもその一つですし、色々なトレーニング方法はあるので

手軽に取り入れていきましょう。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい