妊娠報告を受けた時のショックの緩和とメンタルコントロール – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

妊娠報告を受けた時のショックの緩和とメンタルコントロール

不妊で悩んでいるときほど、周囲の妊娠報告には、過敏になりがちです。

そういう私も、

自分が流産をして、ひどく落ち込んで、無排卵、セックスレス、

そいう渦中にいるときは、周囲の妊娠報告を

顔では笑って、「おめでとう」といっていても

内心は、「いいなぁ」そう羨んでいた時もありました。

なんだか自分だけが取り残されるのが嫌で、妬んだときもありました。

 

しかし、

そういうときって、自分自身自己嫌悪にもなりましたし、

妬んでいる、人の不幸を願おうとすればするほどに、

自分の心がどんどん苦しくなることに気づきました。

嫉妬や妬みはあってもいいですが、

もっていても自分にとってプラスにならないこともわかります。

 

 

不妊で悩んでいるから、それも仕方がないこと・・・

そう肯定してしまうことの方が、

他でもない自分が、自分自身を不妊で悩む惨めな人だと自分自身が認めているようなものでは?

そう考えるようになりました。

 

妊娠できる心の在り方とは全く違う地点にいるという事に

気づくことが重要だったわけです。

ネガティブな気持ちを抱けば、

何よりも自分が苦しくなることに気づくことです。

 

そして、それを簡単に手放すようになれるようトレーニングを

することでこういう苦しみから解放されるようになります。

 

 

やさしさ、慈愛の瞑想で、心も、脳の構造も変えられるようになることが

最近の脳科学でもわかってきています。

 

 

人の妊娠報告におけるメンタルコントロールをする瞑想

 

・マインドフルネス呼吸法を10分程つづけます

・そのあとに、妊娠報告をした人を思い浮かべます

・その時の心の変化や体の緊張などを注意深く観察してみます

・その人が無事に出産して幸せですごせますように・・・心の中で唱えます

 

 

あらかじめ、イメージの中で行っておくのもよいでしょう。

だって、誰かの妊娠は自分の妊娠とは一切関係がありません。

むしろプラスにしか働きません。

妊娠したらこんな感じになるのかな♪

幸せのおすそ分けをしてもらったっていいのです。

そして、あらかじめイメージしておくことで、

自分がそいう場面でどう対処したらよいかもわかります。

自分妊娠したとしたらどんな反応をしてほしいか考えれば、

自然とできるようになりますよ♪

 

 

 

 

相手に対して言ったつもりでも、

自分自身の脳内ではそのように受け止めてはくれないようです。

暗示ってありますよね。

言葉の中では、相手に対して使っているつもりですが、

深い部分で自分自身にその暗示がかかってしまいます。

人の不幸を願えばその不幸が自分にかかるように、

流産を願えば、自分にそれが返ってきます。

では、その逆をすればよいという事になりますね♡

 

 

 

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい