間違えると妊娠しにくい!怖い妊活ストレス発散 |

間違えると妊娠しにくい!怖い妊活ストレス発散

妊娠を望む女性にとってホルモンバランスが整っていること、

血流が良く冷えが少ないことが良いことが大事ですよね。

でも、ストレスがかかると、ホルモンバランスもすぐに乱れますし

交感神経が優位になるので筋肉は緊張しだいたいの筋肉は収縮して血流を妨げられてしまいます。

ストレスの影響はそれだけにとどまらず、血圧が高まるなどから

不妊そして、流産しやすさなど拡大してしまいます。

 

ストレスと不妊体質

ストレスと生殖能力は関連性が高いため、(1

ストレス、心のトラブルとは上手に付き合い、コントロール

できるようになっているのがベストですが、

まずは間違った発散方法を止める事も大切です。

 

ストレス対策、妊娠できる心つくりとして間違ったことをしてしまっているかもしれません。

なので、まずはそこから変えていきましょう。

 

あなたもしてしまっていませんか?こんな間違い

①友達とおしゃべりをしてうっ憤をはらす

②たくさん寝だめする

③ものを叩いたりして八つ当たりをする

④アルコールで気を晴らす

⑤お風呂で長湯をする

⑥ショッピングで爆買いする・浪費が多い

⑦ネットやスマホの閲覧が多い・ゲームなどをしている

⑧甘いものをたくさん食べる

 

などなどいくつチェックがつきましたか?

実はこれら全て、かえってストレスが溜まってしまう

ようになる間違った対処法です。

 

かえってストレスがたまるこんなこと

①友達とおしゃべりをしてうっ憤をはらす

本当は×な理由

ついつい、長話をしていると、

愚痴や不満になりやすくなってしまいます。

ゴールの見えない長話はストレスに、疲れの原因になってしまいます。

また、不妊の問題は、家族や親しい友達に話しても話さなくても不安や

ストレスになってしまうというから難しい問題です。

 

②たくさん寝だめする

→×

寝る事自体はよいのですが、寝だめをするほどの睡眠は

結局は睡眠、体内リズムを乱してしまいます。

睡眠のリズムから体の中のサーカディアンリズムが乱れる

ホルモンバランスに影響が出てしまいます。

質の良い睡眠のために日々できる事で最善の対処がベストです。

 

③ものを叩いたりして八つ当たりをする

→×

おこる気持ちは自律神経を乱し、怒りはストレスホルモンを

作り出し、体の中の免疫系も乱れ細胞を必要な生体反応であっても

攻撃するようになってしまいます。

不妊ストレスは、感情の変化も大きく、イライラしたりあまりに

悲しくなって八当たりしたくなってしまう心境になるときもあるかもしれませんが

感情的な行動は体と心の健康を害してしまします。

 

④アルコールで気を晴らす

→×

ストレスを感じているときにアルコール摂取の習慣を

身につけてしまうと、悪循環になってしまいます。

またアルコール摂取はエスカレートしやすいので要注意です。

 

⑤お風呂で長湯をする

→×

お風呂自体はよいのですが、副交感神経を高めるためには

熱いお湯での長湯は禁物です。

長めでゆったりするにはぬるめのお湯がおススメです。

また、日本では入浴は一般的ですが、世界ではシャワーが一般的。

温熱療法は卵子や精子、受精卵にとってもプラスになるばかりでは

ありません。

 

⑥ショッピングで爆買いする・浪費が多い

→×

ストレスからのお買い物は買った際にお金を使う事で、

脳から快感ホルモンのドーパミンが分泌されるので、

ハイになりやすく、買い物によってストレスを発散している

感覚にはまりやすく、買う行為に依存してしまうので注意です。

 

⑦ネットやスマホの閲覧が多い・ゲームなどをしている

→×

光刺激が強いスマホの長時間の使用は目の疲れと合わせて、

体内リズムを乱す原因に。自律神経を乱す原因にもなっていきます。

また、スマホ・SNSの使用は人によっては精神的にマイナスになる事も

あります。

 

⑧甘いものをたくさん食べる

→×

甘いものを食べると血糖値が急激に変化します。

そのため精神的に余計にイライラしやすくなります。

また、卵子老化の原因にもなってしまっているのが、精製された糖質。

妊娠しやすい食事療法では、全粒粉穀物が基本。

 

このように、良かれと思っていたストレス発散法には

意外にもかえってストレスをため、自律神経を乱すもとに

なってしまうものがたくさんあります。

一歩間違えると、かえって不妊体質を強化してしまいますので、

正しいメンタルコントロールを身につけていくといいですね。

 

ストレスの良い軽減方法とは?

妊活中のストレスの特徴としては不安が一番にあげられます。

妊娠できるのか、いつまでこの生活が続くのか、

その間にどれだけつらい思いをしなくてはいけないのか、

もしも頑張っても子供を授からなかったらという不安は

恐怖心にもかわっていきます。そして、ストレスは確かに心と体に

有害ですが、それをさらにネガティブで悪いというものにとらえているほど

ストレスの悪影響にはまってしまいます。そのため回避する方法

発散させてなかったものにしてしまわない事です。

つらいときほど、受け入れる姿勢を。

アメリカスタンフォード大学の研究からも、

そのストレスがもたらす意味を考えていくことが有益だとしています。(2

ストレスがもらさすものが人生にどんな意味をくれて、どれだけ

意義深いものになるかを考えていくことで人生の満足度も高めてくれます。

そんな幸福感はストレス軽減に役立ちます。

 

ロゴセラピーで不妊ストレスが有意に軽減

不妊は世界的に見ても人生に影響を大きく与える深刻な問題として

取り上げられています。その時に女性が直面するストレスは計り知れません。

中にはうつを経験する人もいます。さらには

自殺願望まで抱いてしまうほどですし、そこまで思い詰めなくても、

人生がつまらない、結婚生活や夫婦関係が色あせて見えてしまう

なんてこともおこっています。

そんな中、ロゴ療法といって、意味を見出す心理介入を行った場合、

不妊ストレスが有意に軽減しています。(3

心理社会的に関わることができる妊活中のカウンセリングは、

不妊治療の開始前に行うと劇的な効果があるといわれています。

台湾の研究でも、意味を見出すカウンセリングによって関わる事で、

妊活夫婦の今後の見通しを高め、

さらには妊娠の達成に成功するように支えになっています。(4

 

 

同じ悩みを抱えている同士で話をすることが、妊活中は励みにも

安心にもつながっています。その中でロゴ療法などグループでの

心理介入ができる事が妊活の手助けになります。

ロゴ療法を取り入れている妊活セミナーは⇒こちら

 

参考文献

(1) 1992 Jul;58(1):144-7.Psychological improvement in infertile women after behavioral treatment: a replication.

(2)Embracing stress is more important than reducing stress, Stanford psychologist says

Stanford psychologist Kelly McGonigal talks about new research indicating that stress can make us stronger, smarter and happier – if we learn how to open our minds to it.

(3). 2013 Jan-Mar; 6(4): 224–231.Published online 2013 Mar 3.Looking at Infertility Treatment through The Lens of The Meaning of Life: The Effect of Group Logotherapy on Psychological Distress in Infertile Women

(4) 2006 May;105(5):404-13.Factors related to meaning of life in Taiwanese women treated with in vitro fertilization.

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、不妊カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたLINEメッセージです。

LINE登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい