潜在意識で妊娠引寄せ 直感を信じるとうまくいく |

潜在意識で妊娠引寄せ 直感を信じるとうまくいく

いやいややるほど、物事はうまくいかないという事をご存知でしょうか。

どれほど、妊娠によいため、子どもができやすいから、そういった理由で行動しても

意外と不快の感覚を伴った行動は結果を伴いにくくて不妊で悩み続けてしまっている可能性が

高いのです。

 

人は直感で物事選択するとうまくいく

論理的に物事考えたり、統計的に考えられたことから物事を選択して行動していたとしても

長い年月人類が生き延びてくるのにあたり、直感で選択し行動するという事を

した場合良い結果に結びつくという事もあり、

大事な判断材料として残されています。

 

なんかいやな予感がする、嫌だけどしかたない、そんな時はうまくいきませんし、

なぜかすごくいい予感がする、こういった直感を信じていくと

案外うまくいってしまうという事も多々あります。

 

自分の受け取っている現実は、すべて自分が選択肢決断し行動した結果の集大成

となっています。

アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスの有名なスピーチの中に、

「In the end, we are our choices.(結局のところ、私たちは自分自身が下した決断の集大成である)」

という言葉もあります。

直感力によって物事がうまくいくかどうかを選択してある事で受け取る結果が違ってくるというもの。

確かに、物事うまくいっている人ほど、自分の持っている直感や感覚をとても大切にしています

 

不快でも仕方なくしたり、イヤイヤでは妊娠しない

妊活は頑張ったりまじめに一生懸命取り組んでしまう女性も多いはず。

まじめで努力家、神経質で不安症といったら、

楽しむことよりも必死になってしまっていることが多いのではないでしょうか。

妊活では、ストレスを最小限にとどめて、最大限のパフォーマンスを上げられることが

ポイントになりますよね。

そのためには、妊娠に良い事、妊娠するためにはばかりを考えるよりは、

自分が楽しい、嬉しい、喜び、心地よさといった快を感じられる選択肢を選べるのか

といった事もポイントになります。

よく、自然妊娠が本当はしたいのに、不妊治療をしていますという人がいます。

結果、いやいやして、ストレスに感じる事も多く、妊娠しないという結果を受け取っています。

もともと不妊治療自体がとても妊娠確率が高いものではありませんが、

不妊治療こそ、いい予感がするという人にとってはいいですし、

病院や医師に対して好感的という人は治療に進むとよいでしょうが、

病院や医者は嫌い、薬も嫌という人は、治療でもよい信頼関係が築きにくく

不信に思う事も増えるため本当に不向きです。

 

直感を大事にした人は最も成功も受け取る

自分で、自分の好きなことを選択し、心地よく行うということを選択している人は

自然とうまくいってしまう。こんなわがままなような事で本当に物事うまくいくの?

と思うかもしれませんが、エール大学の研究でもレゼスニエウスキーの研究でも

ハッキリしています。

好きな事を自分で選択し、行動するほどひとは成功する。

 

エール大学のレゼスニエウスキーらによる研究チームが、

アメリカの陸軍士官学校の生徒を延べ1万人以上、10年に渡って調査をして、

志望動機とその後のキャリアを記録していったところ、自分の「やりたいこと」に対して、

教養のため、人類のため、出世のため、などと「理由付け」をする人ほど、

長期的には結果が悪くなる傾向が出たそうです。

自分の「やりたいこと」と「好きなこと」が一致していると良いというのです。

『科学的に元気になる方法集めました』(堀田秀吉・著、文響社、P100)

 

長期的に見ると、好きな事に取り組む人はモチベーションが高く、幸せを感じながら

物事に取り組むことができます。

内発的なモチベーションを高める事で妊活でも前向きにポジティブに取り組み、

楽しみながら、幸せを感じながら妊娠を手に入れていくといった方がうまくいくはずです。

潜在意識の価値観は、快か不快かで判断します。

そのため、快の感覚を優先し、選択することができると人はもっとうまくいくもの。

 

自分の旦那さんのことを大好きにラブラブ妊活

妊活は、自分達の生ほんの一部です。なので、それらが全てにしてしまうと

妊娠するまでの過程が、全てうまくいかないとか不幸せって感じやすくもなってしまいますし、

妊娠するためにという意義づけだけでは、2人で楽しくラブラブと生活が

できなくなって今う事でしょう。

2人でラブラブと妊活できる様にしていくために欠かせないのは、

自分達の直感を大切にしながら、生活していくこと。

妊活のために何をしていったらいいのか、好きな事をどうしていくのかを

考え取り組んでいきましょう。

直観力を高めるには、

直感力に優れた一流の人は、動物的な勘が鋭いものです。

それをやったらうまくいく、それをやったら危険を示すサインだとか、受け取れるようにするには、

感覚をいつも使って研ぎ澄ましておく事。

 

直感を鍛える 感覚を研ぎ澄ませるコツ

自然に触れる

人間の感覚を研ぎ澄ますには、自然に触れることが一番です。

空を見たり、山や海に行ってみる。

毎日、会社や家の近くにある公園を20分散歩するのを習慣にしたり、川の流れる音を聞いたり、

鳥の鳴き声に耳を澄ましてみるのもよいものです。

自分が出来る範囲で自然に触れてみるとよいでしょう。ガーデニングとかもおススメです。

自然の中にいると、5感が鋭くなるだけでなく、疲れた心身を癒す効果も得られ、とても

リラックスできるものです。

 

自分の体験すること体感することを大切にする

インターネットの発達で、私たちはいつも色々な情報がパソコンやスマホから

見れるようになりましたが、視覚情報で満足するのは危険です。

こうした「目」と「耳」からだけ得た情報は左脳が処理する分野であり、

直感力は左脳だけで上辺の処理をしていては磨くことができません。

逆に間違った判断をしかねないという事です。

5感を駆使して肌感覚で身につけないと直感力は磨かれないのです。

そのためには、スマホなどから離れて実際の自分の体験に触れたり、

瞑想をして5感を研ぎ澄ましてみましょう。

本当は、もう嫌だと体もこころも悲鳴を上げている事なのに、

まだ頑張り続けてしまって成果がでないのに苦しくなっていることもあるかもしれません。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい