カウンセリングで妊娠!顕微授精・体外・ヨガでもダメだったのに |

カウンセリングで妊娠!顕微授精・体外・ヨガでもダメだったのに

今回も、とても嬉しい報告が入りました。

カウンセリングを受けられてきた44歳の方が3ヶ月ほどで妊娠されました。

その間とても内容が濃い3か月間を過ごされて、

至った妊娠ですので、

私もこの報告をいただいて、涙が止まりません。

 

00

心の状態を整える事の大切さ、潜在意識の力のすごさを本当に実感します。

でも、その潜在意識ですが、

それはご本人の潜在意識をその本人が使ってこそ

引き出されるすごい力ということを忘れてはいけないです。

 

顕微授精も、体外受精も、ヨガも、整体も、針も、サプリも

全てをやりつくしたけれどダメでしたと言っていらした方です。

 

心と体を健康的でよい状態に整えてあげることで、

女性ホルモンのバランス、自律神経、免疫バランスも整い始めます。

受精させることが、卵子と精子をくっつける事が、妊活という形になりがちですが、

受精できないでいるというよりは、

受精しにくい精子や卵子の質、分泌液の状態、ホルモン状態になっている事の方が問題です。

タイミングは合わせているのに妊娠しないという場合は、

タイミングがあっていないというよりは体の状態・細胞の質が

悪くなってきてしまっているので、根本の土台つくりの見直しが必要になります。

 

不妊治療でできる事は、細胞同士をくっつけていくことであり、

元の土台つくりや細胞の質を高めるというところにはありません。

 

不妊で悩む方が抱えるストレス、心の問題、色々な感情など

そういったメンタル部分のケアをしっかりしていないと、

どれだけ食事やサプリなどを摂取していても

整えきれない部分も出てきてしまいます。

 

この妊娠し経過が順調に過ごせている方が乗り越えたものは本当に数多く、

そのためのサポートはさせていただきましたが、

でも確かに言えるのは、

集中力と決断力と行動力これに尽きたといえます。

アドバイスさせていただいたことも、

出した課題も、トレーニングにおいても、劇的な変化をされていったのがとても印象的です。

 

 

この仕事をしていて、私がいただける出会いと、

感動や感謝の数は数え切れません。

そして、それが私の原動力でもあります。

これからも、最大限お役に立てるサポートができますよう、

そして、悩んでいる方が笑顔になれますよう寄り添わせていただきたいと思います。

 

本当に、妊娠おめでとうございます。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい