不妊カウンセリング受けて妊娠・経過も順調で大喜び |

不妊カウンセリング受けて妊娠・経過も順調で大喜び

妊娠報告

妊娠できない不妊の状態で一番問題になるのは、

タイミングがあっていない、受精できないという問題ではありません。

もちろん、受精しにくくさせる

自律神経が整っていない、ホルモンバランスや免疫バランスが整っていないなどの

問題ももちろんありますが、

これらは単純に受精しないという事だけに関わるわけではないので

受精卵が育ちにくい、受精していても着床しにくい、着床後

にスムーズに育っていってくれないという土台になります。

 

この土台つくりができていないと、一生懸命受精させることだけに努力していても

妊娠しない、母子手帳を受け取れるほどに育たない、流産・不育症、

出産までたどり着けなということでな悩まなくてはならないわけですね。

 

カウンセリングを受けながら妊娠しやすい心と体つくりという土台をしっかりと作ることが

できている場合は、受精もしやすいですし、受精後がやはり順調になります。

 

こちらの方も、心の状態をよくするためのメンタルコントロールを中心に

まずは心を整えてきました。

心の状態は自律神経にもダイレクトに影響を及ぼします。

受精卵が着床していく際も、ストレスがかかり交感神経が優位に高まる状態では

小さな赤ちゃん・胚へとつながる動脈も収縮してしまい、

酸素や栄養が届かなくなってしまいます。

 

妊娠というメカニズムには複雑に体の中のメカニズムが働くため、

心の状態によっても免疫バランスも変わりますし、

整えておいてあげることが基本になるでしょう。

 

中々妊娠できないと不安や焦りがどうしても出てきますし、

内容的に周囲には相談しにくい、一人で抱え込みやすいという事も多くなりますね。

カウンセリングを受けながら整えてもうじき出産予定です。

 

おめでとうございます♪ 心配していた流産もなくお腹の中で育ててくることができました!!

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい