妊娠に向けて対面カウンセリングに 過去のトラウマを解放 |

妊娠に向けて対面カウンセリングに 過去のトラウマを解放

家庭に対する心のわだかまりは、

いつまでも心の中にとどまって、その人が新たな家庭を築こうとするときも

妨げになってしまいます。

 

心の中に抱えるトラブルは過去の記憶とともに、

いつもストレスをかけさせたり、

実際に人間関係においてもプラスに働いてはくれなくなってしまいます。

 

特に夫や、親、義理の両親との関係性をはじめ

家庭に関わる人間関係に問題があると

それに反応するようにストレスが多い分、

子宮や卵巣といった家庭を象徴するような部位にトラブルがおきたり、

赤ちゃんを授かりにくいといった

トラブルとして表に現れ出てきたりします。

 

心の中を変えていくというのは、

ただ発散させれば解決というものでは一切ありません。

妊娠できる心を手に入れていくためには、

正しく対処できるようになる、トラウマは解消しておく、

心や感情のコントロールができることが大切ですね。

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい