日光浴ビタミンDとセロトニンが自然の妊娠しやすさに

日光浴ビタミンDとセロトニンが自然の妊娠しやすさに

ハートの雲

太陽の光から注がれる物質は解明されていないものもたくさんあるものの、

一時は、皮膚がんなどのリスクから太陽光にあたる事や紫外線を浴びる事を控える事を

言われていましたが、今は太陽光を浴びることが推奨されてきています。

日光浴がもたらす健康度引き上げは、自然に妊娠しやすい心身を作り上げてくれる味方です。

日光に当たる事のメリットともなるキーワードとしては

「ビタミンD」と「セロトニン」

 

日光を浴びる事によって生成されるビタミンD

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性は、体内のビタミンD濃度が低い傾向が

あるといわれています。さらに、PCOSによる排卵障害の女性はビタミンD補充に

よって排卵率が高まる事もあり、排卵しにくい女性にとって、

また妊娠をのぞむ女性にとってビタミンDは重要な栄養とも言えます。

卵胞液中のビタミンD濃度が高い女性は、体外受精を受けた場合の妊娠率も違い、

ビタミンD濃度が低い女性と比べて妊娠が高まる傾向があるようです。

ビタミンDは食べ物から栄養補給できる栄養でもあり、体内で作り出せる脂溶性のホルモン

でもあります。そのビタミンDの生成は日光を浴びる事が条件になります。

 

関連記事

不妊症はビタミンD不足のせい?妊娠したい人のための栄養素

 

ビタミンDと妊娠との関係

ビタミンDというと骨の形成に必用といたイメージも強いかもしれません。

他にも、がんや心疾患や脳卒中、高血圧や糖尿病の予防にもつながるといわれています。

どれも生活習慣の影響が積み重なっておこる病気なのですが、

妊娠というのも日々の生活習慣が健康度に影響しておこってくる要素が強いといえます。

ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収なども阻害され、

精神的にイライラしやすくなるという面も持ち合わせます。

ビタミンDは免疫力とも関係があり、ビタミンD濃度が高い人は風やインフルエンザなどの

感染率も下がり、体内で慢性的な炎症がおこりにくい健康的な状態を維持しやすいといえます。

心身ともに健康でいい状態がもとめられる妊娠には、ビタミンDは必要な栄養と言えるでしょう。

 

ビタミンD生成には日光に浴びるのは屋外で

ビタミンDの生成に関わるのは、太陽光に含まれる紫外線です。近年太陽の光、ビタミンDの研究により

日光浴が見直されてきています。

紫外線にはA波とB波、C派があり、地上まで届くA派とB派はガラスを透過はするのですが、

ビタミンDが体で合成されるために必要な紫外線はB波(UVB)であり、

このB波については、窓ガラス越しに全く効果がないというわけではないものの、

研究者の間ではほぼ期待できないという意見が多いようです。

屋外で太陽光を顔や腕に浴びるという事が有効になると言えるでしょう。

昔のように屋外で狩りをしたり農耕など外で活動すること、移動には歩くという生活が

体にとって自然のビタミンという恩恵を受けていたのかもしれませんね。

 

日光浴によってセロトニンが分泌

日光浴が良いとされるのは、ビタミンDの生成の他に、セロトニン分泌が

促進されるという部分も重要になります。

日照不足ほど、精神疾患が増えやすくなり、精神の健康ともつながっていく部分になります。

日光浴により、セロトニという幸せホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が高まり

精神的に落ち着いて過ごせるようになります。

セロトニンが不足すると、ネガティブになりやすく不安症やうつなどにになりやすく

ストレスをためやすくなってしまいます。

ストレスは自律神経を乱しやすく妊娠を阻害するように働いてしまうため、

心身ともに健康的でいい状態を保てるように、自然の恩恵を受けながら

生活してみましょう。

参考サイト

http://anko-note.com/benefits-of-exposure-to-sunlight/

http://karadastyle.com/vitamind/

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい