受精・着床しやすく妊娠したい人の見方になる栄養素とは? |

受精・着床しやすく妊娠したい人の見方になる栄養素とは?

bitaminD

受精卵の着床や流産にある栄養素が関係している事をご存知ですか?

その栄養素はビタミンDです。

アメリカのコロンビア大学の研究者らのチームは、

ビタミンD濃度と着床能力の関係を調べる

研究を行っています。

卵子提供を受けて体外受精に臨む99名の女性を対象に試験を実施しています。

卵子提供を受けた胚移植の前にビタミンD(25(OH)D)の血中濃度を測定し、

その後の治療成績との関連を調べた結果、

ビタミンD濃度が不足したり、欠乏している女性は卵子提供を受けて体外受精を受けた

場合、妊娠率や出産率も低く、

ビタミンDは子宮内膜の着床環境に関与していることがわかったのです。

【ビタミンDとは】

ビタミンD というと、骨形成で一役買う脂溶性のビタミンとして

知られていますが、細胞の分裂や増幅を調整する作用などもある事が

知られているビタミンです。

このビタミンD濃度が高い女性の方が、妊娠・出産率が高く、

ビタミンD濃度が低い女性の方が流産の確率が高かったり、

卵巣内の卵子が早く減る傾向にあります。

子宮筋腫の女性でもビタミンDが不足している割合が高いのです。

なので、ビタミンDを補充することで排卵率が高まる事やも知られています。

ビタミンDとは、ビタミンD2 (エルゴカルシフェロール) と

D3 (コレカルシフェロール) の総称です。

太陽からの紫外線にあたる事によって、

ビタミンD2は植物に存在するエルゴステロールから生成され、、

ビタミンD3は動物に存在する7-デヒドロコレステロール (7-DHC) から生成されます 。

ビタミンDは、カルシウムやリンなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、

骨の代謝に関係しています。

 

【ビタミンDにより妊娠・出産率が向上する】

研究の結果、ビタミンD濃度を高める事で、子宮や卵巣などの生殖器の

細胞の抗炎症作用や抗酸化作用を促進して、

受精卵の着床率を高め、出産率も高めてもいます。

そこで、ふと、それならビタミンDをサプリメントから接種すれば簡単で

いいんだと思わずに、

ビタミンDはサプリに頼らなくても普通の食事から

充分に摂取できますのでご安心ください。

ビタミンDの摂取後は

太陽に当たってください。

太陽に当たる事で合成されます。

そうです。昔みたいに外で労働・仕事することが当たり前だったころは

嫌でも太陽の元で暮らしていました。もちろん日焼け止めクリームも使っていなかったのです。

1日15~できれば30分程度でいいのです。

太陽の光を浴びる動物ならではの自然な生活する時間を作ってみてください。

日焼け止めクリームは使用せずに太陽の光を皮膚全体に

当てていきます。

食品からの摂取では20%程度で、

太陽光に当たる事で、ぐっとビタミンD濃度を高める事が

できるからです。

はじめは1日1分からでもいいのです。

本来の自然に妊娠できる力を取り戻すヒントは、自然な暮らしにこそ

あります。一昔前までは今ほど不妊に悩む人の数は多くはありませんでした。

そして、昔でも高齢といっても、40代でも50代でも出産はしていたのは事実です。

【ビタミンDは何からとればいい?】

ビタミンDは、食品からの摂取と生体内での合成の2つの方法で供給されます。

ビタミンDを食品からとる場合、魚に比較的多く含まれていますので、

しらす、にしん、さけ、さんまなどから摂取できます。

他にも、レバー、卵、牛乳などもに含まれています。

【ビタミンDと脳との関係】

ここで、ビタミンDと脳との関係にも触れておきたいともいます。

不妊の原因にあまり取り上げられることはないのですが、

脳がとても深くかかわっているのです。

人体の総合司令塔である脳がうまく機能しなければ、細胞の再生・修復はもちろん、

免疫力も下がりますし、ホルモンバランスも整いません。

脳が元気でないと、大事な生殖機能も本来の働きができないのです。

そして、神経伝達物質の生成や神経の成長への刺激に関わる酵素の調整を助けるのに

ビタミンDが重要になってくるのです。

不妊にはストレスは大敵となる事はご存知でしょうが、

ストレス対処を高め、気分を向上させ、イキイキと活力があふれてくるには、

脳内ホルモンであるドーパミン、エピネフリン、ノルエピネフリンなどの生成が

必要になってきます。このホルモン生成に関わるのもビタミンDです。

ビタミンDは、骨の健康と結び付けられていますが、本当はもっと、

もっと広義の役割があります。

そして、ビタミンDには、抗酸化作用も抗炎症作用もあるのです。

抗酸化作用は細胞がさびないようにする効果です。

 

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい