大豆で不妊が改善?エストロゲンの分泌に欠かせない食事とは |

大豆で不妊が改善?エストロゲンの分泌に欠かせない食事とは

大豆

妊娠したいあなたなら、大豆製品は女性ホルモンにはいい!

どこかで聞いたことはありませんか?

妊活、エストロゲンを増やす食事で知らべれば

必ずと言っていいほど出てくる食品が・・・・「大豆製品」

でも、大豆製品を食べているのに、ホルモンバランスが整わない、

子宮内膜症が良くならない、卵巣機能が改善しない。

こんなお悩みはありませんか?

 

大豆をとっただけでは妊娠しやすさにつながらないという真実と、

そうしていったらよいかについてお伝えしていきます。

 

それもそのはず、驚愕の研究結果が大豆製品をとるだけでは

実は体質改善にならない事を物語っていました。

 

 

大豆製品がいいのはなぜ

大豆イソフラボンは構造上女性ホルモンのエストロゲンとよく似ていて、

不足する女性ホルモンの不足部分をサポートするとされています。

妊娠に欠かせない女性ホルモンには

エストロゲンやプロゲステロンなどがありますね。

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている成分で

ポリフェーノールの一種です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすることから、

更年期障害に効果があるとされ、

更年期だけでなく、ホルモンバランスが崩れがちな女性にも効果があるとされていました。

 

が・・・・

 

しかし、驚愕の最新研究結果が物語るのは・・・

大豆製品をとると、エストロゲンと似たような効果で、

ホルモンバランスを整えたりできるだろうと

更年期に入るくらいの女性にイソフラボンをとってもらう群と、

そうでない群とに分けて研究した結果、

その結果はさんざんなモノだったのです。

イソフラボンのサプリメントで更年期症状を改善させるための

製薬会社の研究だっただけに、多額の研究費用を使ったのに、

製品の開発に結び付かず商品開発はとん挫していまったくらいです。

 

結果は、イソフラボンをとってもとらなくても

更年期の症状に変化は全くなかったということです!!

でも、この研究をした人たちはこれであきらめたわけではなかったんですね。

次なるものすごい発見に結びつけたのです。

 

イソフラボンではなく、スーパーイソフラボンを作り出せれば・・・

スーパーイソフラボンとは、大豆製品をとって

腸内で消化吸収されるときに、

腸内細菌によってつくりだされるすんごい妊活の心強いサポーターです。

この腸内細菌をもっているのかどうかが、

イソフラボンをとって、女性ホルモンのような働きをしてくれる

お肌をきれいに若返らせたり、

妊娠しやすいイキイキとした卵・卵巣、ふっかふかの子宮を

つくるお手伝いをしてくれるスーパーイソフラボンを

作り出せた人は、症状が改善するという効果が出る事を突き止めています。

 

スーパー物質をつくれる腸内環境なのかどうかがカギ

どれだけ、栄養をとっても、そこから、有効成分を生み出せる体質でなくては

お金と時間をムダにしてしまう事が研究で分かったのですから。

摂取した栄養から有効なホルモンに作用するよう変換できる体質づくりの方が

ポイントになっているようですね。

それには、色々な栄養をバランスよくとっているということ。

不足しがちな食物繊維や、熱によって失われやすい酵素といった栄養も

だいじになります。

もしも、色々食事に気をつけなくてはいけないとわかってもできずにいる・・・・

それは、体の中で摂取した栄養をいい状態で活用できずにいる

食事内容になっているかもしれません。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい