乳製品のとり方が妊娠しやすさに影響 気をつけたい選び方 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

乳製品のとり方が妊娠しやすさに影響 気をつけたい選び方

乳製品は体に良くない、不妊体質を招くといった情報も出回っています。

果たして本当に乳製品は不妊体質を招いてしまうのでしょうか?

妊活中は食事への関心が高まります。

でも、間違った情報を鵜呑みにしてしまうのも危険です。

どういった乳製品だと妊娠しやすさに影響してしまうのか、

どういったことに気をつけて乳製品を選んでいったらよいのかを

みていきましょう。

 

乳製品の摂取量と不妊との関係は?

乳製品の摂取量と不妊についての相関関係は、

大規模調査の結果、ないことがわかっています。

意外かと思われるかもしれませんが、

乳製品の摂取量とはさほど大きな影響は出てこないようです。

しかし、乳製品の種類によっては不妊と関係が出てきています。

 

どんな乳製品だと不妊になりやすい?

一般的に脂肪ときくとあまりいいイメージがないかもしれません。

以前はコレステロールは悪という感じで厚生労働省でも

脂質の摂取について注意が出ていたのですが、

今は改善されています。

人間にとっては脂質というのは本来重要な栄養素の一つであります。

赤ちゃんにとって重要な母乳(おかあさんのおっぱい)には、

脂質がたくさん含まれます。

それくらい、人間の体をいい状態で機能させ維持するには脂質は

糖質やタンパク質同様とても必要なものになるのですが、

健康的というイメージから

低脂肪・無脂肪・コレステロール0

こういった乳製品を意図的に選んでいる方もいるかもしれませんね。

 

ただ、こういった乳製品の摂取と不妊との関係は明確な違いが出ています。

これらを摂取している女性は、

そうでない女性に比べて、排卵障害による不妊のリスクが高いというのです。

入っている成分を人工的に調整してしまう事で、

中に含まれる含有ホルモンの構成が変化して

卵胞の成熟を阻害する可能性があるということです。

 

 

妊娠しやすくするなら自然なかたちの乳製品を

妊娠しやすく食事からできる体つくりにする場合は、

できるだけ自然に近い状態のものを選ぶという事です。

脂肪分を人工的に調整しないもの

低脂肪・無脂肪・コレステロール0というのを

今まで選んでいたとしたら、無調整のものにすることです。

また、乳製品にはヨーグルトや乳飲料など砂糖が

添加されているものも多いです。飲みすぎ、とり過ぎは要注意ですね。

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい