妊娠しやすいセックス セックスの基本はコミュニケーション – 不妊解決カウンセリング│不妊・妊活・流産の悩み・相談を一緒に解決していきます

妊娠しやすいセックス セックスの基本はコミュニケーション

妊娠したい、妊娠したい、どうにか赤ちゃんが欲しいという場合、

いったい何に力をいれていらっしゃいますか?

ネット検索、不妊に関わる情報収集、みんながやっているという事、

基礎体温、排卵検査薬などからとにかく排卵日を特定すること、

タイミングを合わせる事、

不妊治療に通い続けるなど、

そういったことに力を注がれる方は多いでしょう。

 

しかし、妊娠において当たり前ですが、基本は夫婦のセックスにあります。

 

 

 

セックスにおけるコミュニケーション能力が低いと妊娠しにくい

単純ですが、妊娠率というのは、セックスの回数が多いほど高くなります。

どれだけ排卵日を特定するかという事よりも、

単純に回数が多い方が妊娠率は高まるのです。

質と回数が多いほど妊娠しやすくなるのですから、

ネット検索や、情報収集などばかりにエネルギーを注ぎ、

不安と焦りで何をしたらいいのかわからなくなってしまうより、

質と回数を増やすことに専念することに力を注いだ方が効率的だといえます。

 

セックスとはコミュニケーションです。

コミュニケーションといっても、セックスの最中に何を話すのか?という事だけが

大切なわけではありません。

コミュニケーションにおいては、

ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの部分が

93%を占めるといわれています。

言葉以外に伝わるもの、そっちの方が重要だといえるのです。

ノンバーバルコミュニケーション能力が低いと、

妊娠しやすいお互いが心地よく、求めあう回数が増えていく

性生活を送ることはできません。

なので、セックスレス、妊娠できない、になってしまうのです。

 

不妊で悩んだら、力を入れるべきところを間違えないことが大切

ノンバーバルコミュニケーション能力の高め方を

質問されることはありませんが、

私はいつもそういう部分を変えてもらう事の方を大切にしてカウンセリングをしています。

ノンバーバルコミュニケーションに大きな影響を与えるのは、

その人の在り方です。

しぐさや表情、立ち居振る舞い、雰囲気、印象、言動などに反映されてきます。

私のカウンセリングの本質は、

その人の在り方を変える事で妊娠に導いてきているといえます。

 

不妊で悩む多くの方が、

自分たち夫婦の問題つくりに、自分がどのように関わっているのか

気づかずにいます。

うまくいかずに悩む人ほど、何なら自分たちの問題を解決してくれるのか、

自分達以外の「何か」に託そうとしてしまいます。

問題を解決するものはないか、サプリはないか、漢方はないか、治療はないか…

 

ズレたことをしていては、いつまでたってもそのままです。

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい