2人目不妊、夫にときめけないでも子供が欲しいどうしたらいい? |

2人目不妊、夫にときめけないでも子供が欲しいどうしたらいい?

2人目不妊で悩む方には、二人目不妊なりの共通点があったりします。

周囲のママ友は子供が2人以上いて、

なんだか自分だけは一人で、不足感や不満足感、

劣等感みたいなものを抱き、

子どもからは、どうして赤ちゃんがこないの?

欲しい欲しいとせがまれて困ってしまうという事を悩まれています。

また、子どもはかわいいけれど、夫との夫婦関係は

前のようなトキメキやラブラブ感がなく、なんとなく義務的になっていたりと

2人目不妊ならではの悩みを抱えていたりもします。

トキメキを取り戻すお手伝いをしてくれる方法をお伝えしていきます。

 

 

トキメキを作り出してくれる魔法とは?

恋愛をすると、はじめはドキドキしときめきます。

それは脳内から分泌される、フェニルエチルアミンという

ホルモンのお陰です。

このホルモンによって、燃え上がるようなトキメキを

演出してくれるようになるのですが、

このホルモンは分泌され始めてから3年くらいででなくなって

しまいます。

そのため、長いお付き合いになればなるほど、

このホルモンは分泌が減って、トキメキも薄れていってしまうということです。

 

でも、赤ちゃんを授かりたいご夫婦にとっては、

トキメキがない、排卵期のみの義務的な性生活セックスでは

赤ちゃんがきにくく妊娠しにくくなってしまいます。

 

トキメキホルモンを分泌させる工夫とは?

そんなラブラブにしてくれるフェニルエチルアミンは、

放っておくと3年で分泌されなくなっていってしまいますが、

分泌を維持してくれるように工夫させることは可能です。

 

まず1つに、フェニルエチルアミンは食品にも含まれていて、

他にもエストロゲンなどをバランスよく分泌させたい

妊活女子にはおススメだとも言えるのがチョコレート

カカオの含有量が多いほどおススメです。

カカオ70%以上のホロにがのチョコレートの摂取をどうぞ。

補うという考え方です。

 

そして、もう1つはフェニルエチルアミンの分泌量を増やすという方法

このホルモンはオーガズムを感じた時に分泌されることが

わかっているので、オーガズムの回数を増やすようにしていくことも

いつまでもラブラブなセックスフル夫婦という循環をつくれるのかは

重要ということになります。

 

最後に

相手にときめかない・・・

でもきっとそれは、相手が自分に向けている気持ちとおなじなのでしょう。

赤ちゃんが欲しい、2人目欲しい、そう思え思うほどに

夫婦が案外ラブラブから遠ざかってしまうでしょう。

夫への不安がよく目に映るようになってしまっていませんか?

まずは、自分が夫からときめいてもらえるように

関わり方を変えようとすることからです。

それができるかどうかが授かり妻の要素になりますよ~

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい