子宝に恵まれる?妊娠しやすいかわかる ほくろ占い

子宝に恵まれる?妊娠しやすいほくろ占い

驚くことに、ほくろによっても子宝に恵まれやすいのかどうかを

占う事もできるという子宝占いともジンクスとも取れるような

子宝についてのこんな占いをご紹介します。

ポジティブな暗示のあるほくろの中から、子宝、玉の輿についてのご紹介です。

 

子宝占い?ほくろで妊娠しやすさがわかる

子宝に恵まれる要素を持つのは、ほくろ占いによると、胸部、おへその下、

左眉の下にあるほくろとされています。

胸部のほくろ

胸部にほくろがある女性は愛情深く、子宝に関する障害・問題など無縁な健康体質といわれています。

そのため、子供が沢山いても、惜しみない愛情をささげることができるでしょう。

 

おへその下のほくろ

おへその下にほくろがある人は、非常に早熟な傾向があります。

結婚、妊娠といった過程を、比較的早めに経験しやすい傾向があるので、

その結果子宝になる可能性があるのではないでしょうか

 

左眉下のほくろ

左眉下のほくろは、才能豊かな子供を授かる素質があります。

たくさんの子供にも恵まれる、良縁の相といえます。

 

子宝に恵まれないとされるほくろ

子宝に恵まれるとされるほくろとは逆に、子宝に恵まれず子孫が繁栄しにくい

ほくろもあるようです。

目の周辺にあるほくろは左右でもあまり良い意味がなく、より右側にあるほど

意味合いが強くなるといわれています。

子孫が繁栄せず、自分の代で途絶えてしまう。反映していかない理由が単純に子供が

できないというだけではなく、金銭的に苦しい、精神的に深刻、体の体調が思わしくないなど

様々ですが悩みとしては深刻になる傾向があるようです。

目の周辺でとくに顔半分右側にある場合は、子どもが欲しいのに子供に恵まれないという

意味合いがあるようです。

 

不吉なほくろはとった方がよい?

悩む女性

ほくろそのものは生まれつきあるものもあれば成人してからできるものもあります。

生まれつきあるほくろの方が意味合いは強いようですね。

ほくろには、宿命的なものや人生全般の運勢などが反映されるため、

ほくろそのものをとったからと言って大きく変わるわけではないようです。

しかし、現状を良い方向に変えようと思う気持ちから、

快方へ向かわせていくことは可能です。

ほくろを取る必要性はないので、お化粧でカバーしたり、

日々の生活で妊娠しやすくしていくための生活習慣に気をつけたり、

素直さや誠実さ、感謝の気持ちをもってパートナーと関わろうとすることでも

良い方向性にも代えていかれるものですよ。

ほぼ一生付き合うほくろですから、除去するかどうか慎重に考えて決断すると良いでしょう。

もし、除去する場合は傷が残りにくいくり抜き法やレーザーを使った方法がとられる場合が多いようですね。

 

玉の輿ほくろ

目の周りにある、薄いほくろは恋愛に悪い影響を与えると言われています。

これが、一転して黒ぼくろになると、その人が持つ魅力に変化します。

特に、目じりにあるほくろは性的魅力を高め、

好条件やステイタスの高い異性をゲットできることも不可能ではないでしょう。

また、ほくろ占いによると、顔に黒ぼくろが4~6個ある人は、金運に強いとされています。

この多くもなく少なくもないほくろの数は、人に費やしたお金が倍になって返ってくる、

不思議な投資運をしめしています。この幸運がお金持ちの異性を引き寄せる引力となるでしょう。

更に、背中にあるほくろは交際上手で人間関係をうまく泳ぎ切る才能を秘めています。

人付き合いに関して屈託さがないので、富裕層の人とも緊張なく付き合った結果

、玉の輿になれる可能性を大いに秘めているといえるでしょう。

 

まとめ

子宝ほくろ、玉の輿ほくろについていかがでしたでしょうか?

ほくろって今まで気づかなかったところにできていることもあると思います。

占いを参考にしながら、ほくろを探してみてはいかがでしょうか。

ちょっとほくろで人生の色々な事まで占えるなんて、興味深いですね。

また自分にとって良い結果であっても、良い方向性に向かわせる受け止め方を

して気をつけていく、改善をしていくという心の姿勢こそが開運にもつながります。

占いの結果そのもので運勢が決まるわけがありませんので、本人の心がけ次第ですよ。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい