子宝温泉の効能から見た正しい選び方 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

子宝温泉の効能から見た正しい選び方

子宝温泉の効能について

温泉とは、地中から湧出する温水、

鉱水および水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、

次の一つ以上に該当するものとなります。

  • 地中から湧出する際の温度が25度以上
  • 1kg中に、ガス性のものを除く溶存物質を1000mg以上を含有
  • 1kg中に、遊離二酸化炭素、リチウムイオン、メタほう酸など温泉法で指定された18種の物質一つ以上について、それぞれ設定された基準値以上を含有

これらの基準を満たす温泉には、様々な効能を併せ持ちます。

 

特に妊娠したいという場合は、血行を促進し、女性特有の冷えを改善したり、

ストレスを軽減しリラックス効果が高い温泉を選んでいくことがポイントになります。

 

1・2回入る程度の温泉自体に

子授けのご利益がさほどあるわけではないでしょうが、

夫婦の仲がよくなる、絆が深まる、リラックスできるといったことによって

妊娠しやすくなるとはいえるでしょう。

正しい温泉の選び方をして、効果を高めていきましょう。

 

日本の温泉は、温泉法によって「温泉分析表」を掲示することが義務づけられているので、

その温泉が9タイプの泉質のうちどれに分類されるのか必ず明示されています。

そのため、下記の温泉の泉質を参考になさってみてください。

 

 

二酸化炭素泉(炭酸泉)

炭酸ガスの小気泡が肌につく泡のお湯です。

低温ですが保温効果が高く冷えの改善や血行促進には効果的とされています。

高血圧、動脈硬化、運動麻痺、筋・関節痛、打撲、切り傷、冷え症、更年期障害、不妊症によく、

入浴と飲泉では慢性消化器病、慢性便秘によいとされています。

 

 

 

塩化物泉(食塩泉)

冷えが気になるなら、よくあたたまる熱のお湯。

筋・関節痛、打撲、捻挫、冷え症、慢性婦人病、月経障害、不妊症、病後回復によいとされています。

入浴と飲泉で貧血、慢性消化器病、慢性便秘にもよいとされています。

高血圧症、腎臓病、心臓病、むくみのあるときは飲泉は控えましょう。

 

他の方も悩まれている 不妊症Q&Aはこちら

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る