排卵誘発剤を使用するにしても卵子の質を上げる事が最優先 |

排卵誘発剤を使用するにしても卵子の質を上げる事が最優先

seikouritu

不妊治療の前にも、不妊治療と合わせても、妊活には

すごく大切な事があります。

 

 

不妊治療で、排卵誘発剤をしようするケースがあります。

ただ、排卵誘発剤を使用したら、排卵は起きますが、不健康な卵巣からは健康な卵子は出てくることは

ないのです。

最も当たり前の事ですが、健康でストレスを減らし幸せで生活している人の卵巣からは

質の良い卵子が排卵されます。

この幸せというのは、本人が幸せに暮らしているという事も大切ですが、

幸せを感じられるような生活習慣というモノがあるのですが、

それを無視した現代特有のライフスタイルというモノが定着しきっています。

 

不健康な状態で無理やり排卵誘発しても、あまりいい卵子は排卵されません。

でも、不健康な生活習慣を是正し、ストレスを感じず、楽しい状態であれば、

排卵誘発を行った場合、質の良い卵子が排卵されます。

つまり、「健康でしあわせなカップルのところに子どもができる」という

誰でも知っている当たり前な事ですが、

そんな当たり前なことを、 多くの不妊で悩む方も病院の医師も、重要視していないといえます。

 

不妊の本当の原因として、

幸せな生活をしていない

という事があげられます。

これは大まかに言うと、

・ストレスがかかりすぎる生活をしている

・質の良い睡眠をとれていない

・全身の筋肉を使い血行をよくする運動が不足している

・幸せを感じにくい食事 (特に糖質が多く質の良いタンパク質と脂質が不足する食事が原因となります)

 

といった点があります。

 

たとえ、妊活、不妊治療を行ったとしても、

人間には個体保存本能と子孫を残すという生殖本能があります。

どちらも本能的なものですが、

優先順位があり、自分自身の体調が良くないと、当然、自分の健康を維持することを優先します。

生殖の方が後回しにされます。

つまり、まずは、あなたと、あなたのパートナーが健康になり、

ハッピーで幸せで過ごす事が必要です。

よい卵子や精子をつくるには、まずは、 患者さんが健康で幸せな状態になることから始めてみてください。

よく、妊娠を諦めたり、不妊治療をやめた途端に授かったりするのは、

お互いにストレスだったものがなくなり、

夫婦二人の生活も楽しもうと思えるようになる事で、今まで感じる事が出来なかった幸せ

を感じられるようになるからです。

これがなければ次のステップはないと言っても決して過言ではありません。

 

幸せを感じる生活習慣

それは、人間が本来産まれてきて、幸せに暮らしたいという持って生まれている

本質的な部分のはずです。

今できる簡単な生活習慣を変える事から始めましょう。

 

詳しくは、妊活サポート 無料メールマガジンでもたくさんの情報を発信しています。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい